モータースポーツ

MotoGP2012 Rd.7 オランダ

自身の連勝記録更新がかかって
いたロレンソがバウティスタと
いうミサイルに撃墜されて0周で
リタイア。こうなるとレプソルの
2人によるレースになるわけです
が、勝ったのはストーナーで今季
3勝目。ペドロサはいい走りは
しているんですが、なかなか優勝
が遠いですね。今回ロレンソが
ノーポイントに終わったので得点
差なしでロレンソとストーナーが
並ぶ形に。(優勝回数に差がある
のでロレンソがリーダーですが)
今回から始まった3連戦がどう
なって行くのか楽しみです。
ワークスドカ勢の不調はなかなか
解消されませんねぇ。

リザルト

1.C・ストーナー Repsol Honda Team
2.D・ペドロサ Repsol Honda Team
3.A・ドヴィツィオーゾ Monster Yamaha Tech 3
4.B・スピース Yamaha Factory Racing
5.C・クラッチロー Monster Yamaha Tech 3
6.N・ヘイデン Ducati Team
7.H・バルベラ Pramac Racing Team
8.R・ド・ピュニエ Power Electronics Aspar
9.M・ピロ San Carlo Honda Gresini
10.M・パッシーニ Speed Master
11.D・ペトルッチ Cameloda Racing Project
12.I・シルバ Avintia Blusens
13.V・ロッシ Ducati Team
14.J・エリソン Paul Bird Motorsport

| | コメント (2) | トラックバック (0)

F1ヨーロッパGP 2012

8人目のウイナーが出るだろうと
思っておりましたが、2勝目を
挙げるドライバー、しかもそれが
アロンソになるとは。上位陣の
脱落に助けられた感もありますが
戦略で成功するフェラーリを久々
に見た気もします。それにしても
ランキングの首位にアロンソが
いるなんて・・・
そして3位は復帰後初の表彰台と
なったシューマッハー。棚ボタで
あることは間違いないですけど、
悪い流れを断ち切れてよかったの
ではないかと。可夢偉にも早く
いい流れを掴んで欲しいところ
ですね。

リザルト

1.F・アロンソ
(スクーデリア・フェラーリ・サンタンデール)
2.K・ライコネン
(ロータス・F1チーム)
3.M・シューマッハー
(メルセデスAMG・ペトロナス・F1チーム)
4.M・ウエーバー
(レッドブル・レーシング)
5.N・ヒュケンベルグ
(サハラ・フォースインディア・F1チーム)
6.N・ロズベルグ
(メルセデスAMG・ペトロナス・F1チーム)
7.P・ディ・レスタ
(サハラ・フォースインディア・F1チーム)
8.J・バトン
(ボーダフォン・マクラーレン・メルセデス)

9.S・ペレス
(ザウバー・F1チーム)
10.P・マルドナルド
(ウイリアムズ・F1チーム)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

MotoGP2012 Rd.6 イギリス

気づけばロレンソが今季4勝目。
開幕直後はストーナーを軸として
ペドロサ、ロレンソがどう絡んで
いくかと思っていたのですが、
完全にロレンソが主導権を握った
なという感じがします。現状では
ロレンソとストーナーのポイント
差は25点、更に14点の差で
ペドロサが続いておりますが数字
以上に勢いの部分の差が大きい
ような。シーズン中盤から終盤へ
向けてホンダがどういう動きを
みせていくのか気になります。
ストーナーの後釜の件もあるし。
トップ争い以外ではクラッチロー
が今回も頑張ってましたね。最近
イマイチなスピースとトレード
なんてことがあるかもしれません
ね。シーズン中に行われることは
ないでしょうけど。

リザルト

1.J・ロレンソ Yamaha Factory Racing
2.C・ストーナー Repsol Honda Team
3.D・ペドロサ Repsol Honda Team
4.A・バウティスタ San Carlo Honda Gresini
5.B・スピース Yamaha Factory Racing
6.C・クラッチロー Monster Yamaha Tech 3
7.N・ヘイデン Ducati Team
8.S・ブラドル LCR Honda MotoGP
9.V・ロッシ Ducati Team
10.H・バルベラ Pramac Racing Team
11.A・エスパルガロ Power Electronics Aspar
12.R・ド・ピュニエ Power Electronics Aspar
13.M・ピロ San Carlo Honda Gresini
14.J・エリソン Paul Bird Motorsport
15.Y・エルナンデス Avintia Blusens

| | コメント (2) | トラックバック (0)

SUPER GT2012 Rd.3 SUPER GT INTERNATIONAL SERIES MALAYSIA

GT500は昨年に続きウイダー
が連勝。ここまで好調だったSC
勢を押さえての優勝でした。その
SC勢ですが勝てなくても確実に
上位に複数台入賞しているので
悪くない状況なんじゃあないかと
思います。ベース車両としては
最も古いクルマになりますが、
開発がうまく進んでいるんですか
ね。逆に昨年強かったGT-R勢
はどうも流れが悪いですね。次戦
の菅生は相性が良さそうなので
反撃に期待したいところです。
まぁ流れがあまり良くないように
見えるだけで実際はそれほど問題
ではないかもしれませんが。
300クラスは本命のポルシェ勢
が結果的にワンツー。2位を走行
していた0号車のラストラップで
のガス欠は残念でした。ウエイト
を増やさずに済んだと気持ちを
切り替えて頑張って欲しいです。

GT500クラス

1.#18 ウイダーHSV-010
2.#38 ZENT CERUMO SC430
3.#6 ENEOS SUSTINA SC430
4.#39 DENSO KOBELCO SARD SC430
5.#12 カルソニックIMPUL GT-R
6.#100 RAYBRIG HSV-010
7.#17 KEIHIN HSV-010
8.#35 KeePer Kraft SC430
9.#23 MOTUL AUTECH GT-R
10.#19 WedsSport ADVAN SC430

GT300クラス

1.#33 HANKOOK PORSCHE
2.#911 エンドレス TAISAN 911
3.#66 triple a Vantage GT3
4.#3 S Road NDDP GT-R
5.#2 EVANGELION RT TEST-01 PETRONAS Shiden
6.#52 GREEN TEC & LEON SLS
7.#11 GAINER DIXCEL R8 LMS
8.#61 SUBARU BRZ R&D SPORT
9.#43 ARTA Garaiya
10.#4 GSR ProjectMirai BMW

| | コメント (0) | トラックバック (0)

F1カナダGP 2012

ハミルトンが今季7人目ウイナー
に。まぁカナダは得意としている
ようですし、いつ勝っても不思議
ではない人がようやく7人目とし
て名を連ねたという感じですね。
2位グロージャン、3位はペレス
という表彰台。今回のカナダは
荒れて完走率が下がるということ
はありませんでしたが、相変わら
ずタイヤに翻弄されたレースでし
た。こういう展開だとトップの3
チーム以外の活躍が面白くなるの
ですがグロージャンはいいとして
ペレスの活躍はちょっと別のこと
を思い出してしまい、複雑な心境
だったりします。それは95年の
ティレルで当初エース格だった
片山右京がセカンドドライバーで
スポンサーまで持ち込んできた
ミカ・サロがいい流れを掴まれて
その後苦戦していくあの状況です
同じようなことにならないと思い
たいところです。「8人目」に名
を連ねてイマイチな流れを断ち
切ってくれたら最高ですね。

リザルト

1.L・ハミルトン
(ボーダフォン・マクラーレン・メルセデス)
2.R・グロージャン
(ロータス・F1チーム)
3.S・ペレス
(ザウバー・F1チーム)
4.S・ベッテル
(レッドブル・レーシング)

5.F・アロンソ
(スクーデリア・フェラーリ・サンタンデール)
6.N・ロズベルグ
(メルセデスAMG・ペトロナス・F1チーム)
7.M・ウエーバー
(レッドブル・レーシング)
8.K・ライコネン
(ロータス・F1チーム)
9.小林可夢偉
(ザウバー・F1チーム)
10.F・マッサ
(スクーデリア・フェラーリ・サンタンデール)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012 WRC Rd.6 アクロポリスラリー

リザルト

1.S・ローブ
CITROEN TOTAL WRT
2.M・ヒルボネン
CITROEN TOTAL WRT
3.J・ラトバラ
FORD WRT
4.M・オストベルグ
Adapta World Rally Team
5.M・プロコップ
CZECH FORD NATIONAL TEAM
6.T・ヌーヴィル
CITROEN JUNIOR TEAM
7.S・オジェ
Volkswagen Motosport(S2000)
8.Y・アルラヒ
Yazeed Racing(S2000)

シリーズスポンサーが撤退・・・
大丈夫なんでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MotoGP2012 Rd.5 カタルニア

リザルト

1.J・ロレンソ Yamaha Factory Racing
2.D・ペドロサ Repsol Honda Team
3.A・ドヴィツィオーゾ Monster Yamaha Tech 3
4.C・ストーナー Repsol Honda Team
5.C・クラッチロー Monster Yamaha Tech 3
6.A・バウティスタ San Carlo Honda Gresini
7.V・ロッシ Ducati Team
8.S・ブラドル LCR Honda MotoGP
9.N・ヘイデン Ducati Team
10.B・スピース Yamaha Factory Racing
11.H・バルベラ Pramac Racing Team
12.K・アブラハム Cardion AB Motoracing
13.A・エスパルガロ Power Electronics Aspar
14.M・ピロ San Carlo Honda Gresini
15.R・ド・ピュニエ Power Electronics Aspar

流れはロレンソに変わりましたね~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

F1モナコGP 2012

リザルト

1.M・ウエーバー
(レッドブル・レーシング)
2.N・ロズベルグ
(メルセデスAMG・ペトロナス・F1チーム)
3.F・アロンソ
(スクーデリア・フェラーリ・サンタンデール)
4.S・ベッテル
(レッドブル・レーシング)

5.L・ハミルトン
(ボーダフォン・マクラーレン・メルセデス)
6.F・マッサ
(スクーデリア・フェラーリ・サンタンデール)
7.P・ディ・レスタ
(サハラ・フォースインディア・F1チーム)
8.N・ヒュケンベルグ
(サハラ・フォースインディア・F1チーム)
9.K・ライコネン
(ロータス・F1チーム)
10.B・セナ
(ウイリアムズ・F1チーム)

結果的にはグリッド降格になって
しまいましたが、シューマッハの
予選Q3はシビレました。並みの
43歳ではないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MotoGP2012 Rd.4 フランス

リザルト

1.J・ロレンソ Yamaha Factory Racing
2.V・ロッシ Ducati Team
3.C・ストーナー Repsol Honda Team
4.D・ペドロサ Repsol Honda Team
5.S・ブラドル LCR Honda MotoGP
6.N・ヘイデン Ducati Team
7.A・ドヴィツィオーゾ Monster Yamaha Tech 3
8.C・クラッチロー Monster Yamaha Tech 3
9.H・バルベラ Pramac Racing Team
10.A・バウティスタ San Carlo Honda Gresini
11.J・エリソン Paul Bird Motorsport
12.M・パッシーニ Speed Master
13.A・エスパルガロ Power Electronics Aspar
14.M・ピロ San Carlo Honda Gresini
15.Y・エルナンデス Avintia Blusens

ストーナー今季で引退。水面下で
椅子取りゲームが早くも開幕か?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SBK2012 ヨーロッパ(イギリス)

リザルト

Race1

1.M・メランドリ  BMW Motorrad Motorsport
2.L・ハスラム  BMW Motorrad Motorsport
3.T・サイクス  Kawasaki Racing Team
4.J・レイ  Honda World Superbike Team
5.M・ビアッジ  Aprilia Racing Team
6.C・チェカ  Althea Racing
7.D・ジュリアーノ  Althea Racing
8.S・ギュントーリ  Team Effenbert-Liberty Racing
9.L・キャミア  Crescent Fixi Suzuki
10.M・ファブリッツィオ  BMW Motorrad Italia GoldBet
11.A・バドビニ  BMW Motorrad Italia GoldBet
12.C・デイヴィス  ParkinGO MTC Racing
13.M・ベルガー  Team Effenbert-Liberty Racing
14.J・スモルツ  Liberty Racing Team Effenbert
15.E・ラバティ  Aprilia Racing Team

Race2

1.J・レイ  Honda World Superbike Team
2.M・ビアッジ  Aprilia Racing Team
3.T・サイクス  Kawasaki Racing Team
4.L・キャミア  Crescent Fixi Suzuki
5.S・ギュントーリ  Team Effenbert-Liberty Racing
6.A・バドビニ  BMW Motorrad Italia GoldBet
7.C・デイヴィス  ParkinGO MTC Racing
8.L・バズ  Kawasaki Racing Team
9.P・ヒックマン  Crescent Fixi Suzuki
10.青山博一  Honda World Superbike Team
11.N・カネパ  Red Devils Roma
12.L・ザネッティ  PATA Racing Team
13.M・ファブリッツィオ  BMW Motorrad Italia GoldBet
14.M・アイチソン Grillini Progea Superbike Team
15.L・ハスラム  BMW Motorrad Motorsport

BMWワン・ツーで初優勝。
レース2のレイは・・・
98年の原田vsカピロッシを
思い出してしまいました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧