« SBK2011 ドイツ | トップページ | F1イタリアGP 2011 »

SUPER GT 2011Rd.6「FUJI GT250km RACE」

そろそろタイトルを争うチームが
絞り込まれてきました。
500は今季不調のレクサス勢が
予選では上位独占、レースでも
主導権を握るかと思われましたが
最終的に残ったのは38号車と
39号車だけ、39号車は終盤に
失速して更に300車両との接触
という不運もあって8位。優勝は
生き残った38号車という結果に
なりました。
タイトルを争っている46号車は
7位、1号車は4位フィニッシュ
となりましたがそれぞれハンデが
100㎏と88㎏あることを
考えるとこのポジションは上出来
ではないかと思います。他にも
チャンスのあるチームはあります
がこの2チームのどちらかになり
そうな気がします。
300クラスは4号車が圧勝。
11号車がノーポイントだった為
ランキングでも首位に浮上しまし
た。このまま逃げ切ってほしい
です。来シーズンはFIA車両の
アドバンテージがなくなりそう
なので今年頑張らないと・・・。

GT500クラス

1.#38 ZENT CERUMO SC430
2.#12 カルソニックIMPUL GT-R
3.#17 KEIHIN HSV-010
4.#1 ウイダーHSV-010
5.#100 RAYBRIG HSV-010
6.#23 MOTUL AUTECH GT-R
7.#46 S Road MOLA GT-R
8.#39 DENSO SARD SC430
9.#35 D'STATION KeePer SC430
10.#6 ENEOS SUSTINA SC430

GT300クラス

1.#4 初音ミク グッドスマイル BMW
2.#14 SG CHANGI IS350
3.#2 エヴァンゲリオンRT初号機アップル紫電
4.#88 JLOCランボルギーニRG-3
5.#25 ZENT Porsche RSR
6.#62 R&D SPORT LEGACY B4
7.#27 PACIFIC NAC イカ娘 フェラーリ
8.#86 JLOCランボルギーニRG-3
9.#66 triple a Vantage GT2
10.#15 ART TASTE GT3R

|

« SBK2011 ドイツ | トップページ | F1イタリアGP 2011 »

モータースポーツ」カテゴリの記事

コメント

トヨタはマシン作りに失敗してしまいましたね。足回りが問題なんでしょうかね。

終盤戦ホンダがどこまで追い込むか、日産も今年はで、全精力MOLAにいれてくるでしょうか。

投稿: ししふう | 2011年9月13日 (火) 09時36分

ししふうさま
現行のレギュレーションに唯一完全適合しているSC430が1番
上手くいってないのはちょっとかわいそうですね。ベース車両が
古くなってニューマシンを投入したいところでしょうけどSCに
代わるクルマがありませんし・・・ホンダのようにでっちあげ車両
を投入するかLFAを無理やりFRにするか(笑)
タイトル争いはホンダに関してはエースの堂夢だから他チームを
協力させやすくていいかもしれませんけど、MOLAはニッサンの
中で1番の新参者ですから他のGT-R勢の協力体制が上手く行く
のかどうか。特にニスモにしてみれば昨年苦労したタイヤでいい
思いしやがって・・・みたいな感情持ってそうな気もしますしね。

投稿: 牛乳 | 2011年9月13日 (火) 23時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1154368/41657114

この記事へのトラックバック一覧です: SUPER GT 2011Rd.6「FUJI GT250km RACE」:

« SBK2011 ドイツ | トップページ | F1イタリアGP 2011 »