« SUPER GT 2011Rd.6「FUJI GT250km RACE」 | トップページ | 充電中 »

F1イタリアGP 2011

優勝はベッテルでした。まぁ他の
ドライバーに逆転の可能性がない
のでせめて鈴鹿ぐらいまで決定が
持ち越しになってくれればいいな
と思ってます。可夢偉もスタート
直後のアクシデントから持ち直し
ていけそうな予感もしたのですが
残念ながらトラブルでリタイア。
普通なら見所のないレースという
感想で終わりにしたいところです
けど、今回のMVPはやっぱり
シューマッハですよね。ここの
ところ他車巻き込むリタイアが
目立ち、一応反省はしていると
いう某ドライバーを巧に押さえ
込むのは見事でした。私は多分
オールドファンに分類されちゃう
と思いますが、今回のシューを見
ていてルネ・アルヌーを思い出し
ました・・・。

リザルト

1.S・ベッテル
(レッドブル・レーシング)
2.J・バトン
(ボーダフォン・マクラーレン・メルセデス)
3.F・アロンソ
(スクーデリア・フェラーリ・サンタンデール)
4.L・ハミルトン
(ボーダフォン・マクラーレン・メルセデス)
5.M・シューマッハ
(メルセデスGP・ペトロナスF1チーム)
6.F・マッサ
(スクーデリア・フェラーリ・サンタンデール)
7.J・アルグエルスアリ
(トロ・ロッソ)
8.P・ディ・レスタ
(フォースインディア・F1チーム)
9.B・セナ
(ロータス・ルノー・GP)
10.S・ブエミ
(トロ・ロッソ)

|

« SUPER GT 2011Rd.6「FUJI GT250km RACE」 | トップページ | 充電中 »

モータースポーツ」カテゴリの記事

コメント

まー自滅しなくて、昔の強引走りをすると、多少行けちゃうってことでしょうか。ハミルトンとの攻防、懐かしい感じで、昔はあーいう今で言う危険走行、あちこちで頻発してましたね。

今はDRSやピット作業で抜きつ抜かれつ多いので、ある意味新鮮?!

アルヌーって(笑)。妖怪通せんぼじじい。。あの頃のドライバーはほんと、むちゃくちゃと言うか、ハミルトンもびっくりのわがままぞろい。チェザリスとか。。

投稿: ししふう | 2011年9月13日 (火) 09時31分

ししふうさま
考えてみれば昔のアナログ的なF1ではああいうブロックラインを
使うのは当たり前だったんですよね。マンセルとピケとかセナと
プロストなんかは同じチームでハイレベルな、一歩間違えると同士
討ちになるようなバトルをしょっちゅうしていたような・・・
今のF1がつまらないとまでは言いませんがバトル中にラインを
変える回数まで制限することはないんじゃあないかなぁと思って
しまします。

投稿: 牛乳 | 2011年9月13日 (火) 22時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1154368/41658058

この記事へのトラックバック一覧です: F1イタリアGP 2011:

« SUPER GT 2011Rd.6「FUJI GT250km RACE」 | トップページ | 充電中 »