« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

M1途中経過5

細かい仕上げ作業に入りました。
ゴールが見えてきた感じです。

Img_4671
カウルのクイックファスナー等を
塗装。最近のキットにはデカール
が付いてますが、これには付属
してません。視力の衰えを感じ
させる瞬間です(笑)
Img_4673
グレードアップパーツに含まれて
いたアンテナとオンボードカメラ
を追加。破損したアンテナを再生
したのですが、新規作成の方が
よかったかもしれません。
Img_4674
ラジエーターメッシュも追加。
接着が意外と面倒です。
Img_4679
あと少しで形になりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

M1途中経過4

変な言い回しですが再び作業再開
です。地震の影響で一部破損した
ところもあったのですが、損傷は
比較的軽微だった方ですね。

Img_4642
前回、デカールを貼りこむところ
まで完了していたのですが、現在
はこんな具合です。
Img_4649
今回はクリア吹きをエアブラシで
やってみました。結構希釈した
のでデカールが溶け出さないか
心配だったのですが、全く問題は
ありませんでした。こうなると
作業時間が大幅に短縮できるので
次回からもこれで行こうかなぁ。
因みに使用したのはガイアカラー
のExクリアーです。
Img_4665
修復後の姿。ラジエーターが脱落
してメーターパネル、カウルの
ステーとマスターカップなんかが
アウトでした。メーターパネルは
デカールが剥がれてしまっている
のでそっちの修復をどうするかが
課題です。まぁタッチアップする
ことになると思いますが、微妙な
調色が必要になりそうなので他の
仕上げが終わってからになりそう
です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SBK2011 アッセン

チェカの好調ぶりは相変わらず。
こうなるとランキングトップを
いつまでキープ出来るのか?
それともこのまま勢いにのって
シーズンをものにしてしまうのか
相変わらず展開が読めませんね。
昨年のチャンピオン、ビアッジは
ランキング2位ですが今季はまだ
未勝利。芳賀選手が徐々に上位
グループでレースが出来るように
なりましたし、伏兵カワサキも
もしかしたらという感じがする
ので次のモンツァも楽しみです。
参戦メーカーと出走台数が多い
トップカテゴリーのレースはいい
ですね。motoGPももう少し
活性化してくれれば・・・

Race1

1.J・レイ  Castrol Honda
2.M・ビアッジ  Aprilia Alitalia Racing Team
3.C・チェカ  Althea Racing
4.M・メランドリ  Yamaha World Superbike Team
5.M・ファブリッツィオ  Team Suzuki Alstare
6.T・コーサー  BMW Motorrad Motorsport
7.E・ラバティ  Yamaha World Superbike Team
8.R・チャウス  Castrol Honda
9.A・バドビニ  BMW Motorrad Italia SBK Team
10.M・アイチソン  Team Pedercini
11.J・ラスコルツ  Kawasaki Racing Team Superbike
12.L・ハスラム  BMW Motorrad Motorsport
13.B・ベネマン  BMW Motorrad Italia SBK Team
14.T・サイクス  Kawasaki Racing Team Superbike

Race2

1.C・チェカ  Althea Racing
2.M・ビアッジ  Aprilia Alitalia Racing Team
3.J・レイ  Castrol Honda
4.L・キャミア  Aprilia Alitalia Racing Team
5.L・ハスラム  BMW Motorrad Motorsport
6.E・ラバティ  Yamaha World Superbike Team
7.M・ファブリッツィオ  Team Suzuki Alstare
8.芳賀紀行  PATA Racing Team Aprilia
9.J・スモルツ  Team Effenbert-Liberty Racing
10.S・ギュントーリ  Team Effenbert-Liberty Racing
11.T・サイクス  Kawasaki Racing Team Superbike
12.J・ラスコルツ  Kawasaki Racing Team Superbike
13.M・ベルガー  Supersonic Racing Team
14.
R・チャウス  Castrol Honda
15.A・バドビニ  BMW Motorrad Italia SBK Team

| | コメント (2) | トラックバック (0)

WRC2011 Rd.4 ヨルダンラリー

機材を運搬していた船の故障で
デイ1がキャンセル・・・何とも
凄い理由で始まったラリーですが
2日間で行われたレース結果は
もっと凄かったです。1位と2位
のタイム差は僅か0.2秒・・・
スプリントレースならまだしも
WRCですからね。0.2秒って
距離に換算するとどれぐらいに
なるのでしょうか。シトロエンと
フォードの対決ではありますが、
オジェとラトバラだったというの
もポイントです。
セカンドドライバーによる頂上
対決が続いて新たな時代が到来
するのか?VWのWRC参戦の噂
もありますし盛り上がって欲しい
ですね。日本のメーカーにも是非
お願いしたいところですけど。

リザルト

1.S・オジェ
Citroen Total World Rally Team
2.J・ラトバラ
Ford Abu Dhabi World Rally Team
3.S・ローブ
Citroen Total World Rally Team
4.M・ヒルボネン
Ford Abu Dhabi World Rally Team
5.M・ウィルソン
M-Sport Stobart Ford Rally Team
6.K・ライコネン
ICE 1 Racing
7.F・ヴィラグラ
Munchi's Ford World Rally Team
8.K・アルカシミ
Team Abu Dhabi
9.D・カイパース
FERM Power Tools World Rally Team
10.B・スーザ ※S2000

| | コメント (2) | トラックバック (0)

F1中国GP 2011

例年よりもやや慌しい序盤3戦が
終了しました。新しいデバイスや
タイヤのおかげでちょっと面白い
かなと思います。以前からSBK
を見ていたこともあってタイヤに
関してはまぁこんなもんというか
想像してよりもマトモで(笑)
拍子抜けしたぐらいです。BSの
タイヤがいかに完成度が高いもの
だったのかと改めて関心してしま
いますが、ピレリタイヤの不安定
さがいい意味でレースを盛り上げ
ているのではないでしょうか。
今後開発進んで行くにつれて性能
は安定、進化すると思いますが、
このままでもいいんじゃあないか
なぁ。路面温度が高くなる夏場の
レースなんか4・5回タイヤ交換
が必要になりそうで♪
レースはハミルトンが勝って反撃
が始まった感がありますね。2強
の争いに加わることが出来るのは
赤いところか?黒いところか?

リザルト

1.L・ハミルトン
(ボーダフォン・マクラーレン・メルセデス)
2.S・ベッテル
(レッドブル・レーシング)
3.M・ウエーバー
(レッドブル・レーシング)
4.J・バトン
(ボーダフォン・マクラーレン・メルセデス)
5.N・ロズベルグ
(メルセデスGP・ペトロナスF1チーム)
6.F・マッサ
(スクーデリア・フェラーリ・サンタンデール)
7.F・アロンソ
(スクーデリア・フェラーリ・サンタンデール)
8.M・シューマッハ
(メルセデスGP・ペトロナスF1チーム)
9.V・ペトロフ
(ロータス・ルノー・GP)
10.小林可夢偉
(ザウバー・F1チーム)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

菜の花畑

どうも遠出をする気力がないので
近場をKSRで散歩してます。

Img_4605
菜の花の場合も満開というので
しょうか。ここにはミツバチは
いなかったです。
Img_4607
どちらかというと田舎なんですが
昔に比べて少なくなってきたよう
な気がします・・・
Img_4610
記念撮影。目の前の道路の交通量
が何故か多かったので急いで撮影
です。もう少し構図を考えた方が
よかったなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

花見・・・

本来ならミレで毎年出撃している
のですが、未だに修理から帰還
しておりません。多分部品の調達
に難があるのでしょうけど、もう
少し状況をこまめに連絡してくれ
てもいいと思うのですが・・・
現在はアプのディーラーではない
ので仕方がないのかなぁ。
ということで今年はKSRで出撃
です。

Img_4588_2
KSRもいろいろとアップデート
したいところなんですが・・・
Img_4591
桜は今週末までが見ごろっぽい
です。休日はきっと混むんだろう
なぁ。平日休みでよかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

F1マレーシアGP 2011

見ている方は面白いですけど、
やっている側はこれだけタイヤ
交換が多いと大変でしょうね。
相変わらずレッドブルは速いし
戦闘力は高そうな感じですが、
現状では弱点もありそうです。
マクラーレンが意外と戦えるし
フェラーリも全然ダメというよう
な状況でも無さそうですね。
それにしてもルノーがここまで
いいとは思ってませんでした。

リザルト

1.S・ベッテル
(レッドブル・レーシング)
2.J・バトン
(ボーダフォン・マクラーレン・メルセデス)
3.N・ハイドフェルド
(ロータス・ルノー・GP)
4.M・ウエーバー
(レッドブル・レーシング)
5.F・マッサ
(スクーデリア・フェラーリ・サンタンデール)
6.F・アロンソ
(スクーデリア・フェラーリ・サンタンデール)
7.小林可夢偉
(ザウバー・F1チーム)
8.L・ハミルトン
(ボーダフォン・マクラーレン・メルセデス)
9.M・シューマッハ
(メルセデスGP・ペトロナスF1チーム)
10.P・ディ・レスタ
(フォースインディア・F1チーム)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

MotoGP2011 Rd.2 スペイン

珍しく雨のレースになったヘレス
やっぱりここは晴天のなか、爆竹
の音で盛り上がるサーキットだと
思うので、ちょっと寂しかった
です。レインコンディションと
いうこともあり、レースは大荒れ
の展開に。ドライでは苦戦して
いたドカが健闘したものの・・・
結果的にはロレンソが今季初優勝
ペドロサは昨年に続きヘレスでの
優勝を逃し2位。ストーナーは
ロッシの転倒に巻き込まれた後
再スタート出来ずノーポイント。
混戦から抜け出すのは誰になる
のか?次のポルトガルが楽しみ
です。

リザルト

1.J・ロレンソ Yamaha Factory Racing
2.D・ペドロサ Repsol Honda Team
3.N・ヘイデン Ducati MotoGP Team
4.青山博一 San Carlo Honda Gresini
5.V・ロッシ Ducati MotoGP Team
6.H・バルベラ Mapfre Aspar Team MotoGP
7.K・アブラハム Cardion AB Motoracing
8.C・クラッチロー Monster Yamaha Tech 3
9.T・エリアス LCR Honda MotoGP
10.J・ホプキンス Rizla Suzuki MotoGP
11.L・カピロッシ Pramac Racing Team
12.A・ドヴィツィオーゾ Repsol Honda Team

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »