« RACERS Vol.8 | トップページ | M1途中経過3 »

SBK2011 オーストラリア

いよいよ開幕しました。まだ短い
ダイジェスト版を見ただけですが
今年も接戦の予感がします。
昨年もそうだったのですが、何故
かアルテアのドカは速い。チェカ
のテクニックがあるからこそなの
かもしれませんが、ダブルとは。
motoGPはどんどん若手が
増えていってますが、SBKの
オジサン勢にはもっと若手を
やっつけて欲しいと思います♪
コーサー、チェカ、ビアッジ、
そして芳賀選手にも・・・。今回
レース1で9位、レース2で7位
という結果でしたが、まだまだ
上位を狙えると思うので。確かに
サテライトで1台体制、マシンも
初めてとなると楽ではないと思い
ますが経験豊富ですから。
その他の注目点としてはビアッジ
とメランドリのイタリアン対決が
熱くなりそうな感じですね。

Race1

1.C・チェカ  Althea Racing
2.M・ビアッジ  
Aprilia Alitalia Racing Team
3.L・ハスラム  
BMW Motorrad Motorsport
4.E・ラバティ  
Yamaha World Superbike Team
5.M・メランドリ  
Yamaha World Superbike Team
6.
M・ファブリッツィオ  Team Suzuki Alstare
7.J・スモルツ  
Team Effenbert-Liberty Racing
8.T・サイクス  
Kawasaki Racing Team Superbike
9.芳賀紀行  
PATA Racing Team Aprilia
10.T・コーサー  
BMW Motorrad Motorsport
11.R・ロルフォ  
Team Pedercini
12.J・レイ  
Castrol Honda
13.L・キャミア  
Aprilia Alitalia Racing Team
14.A・バドビニ  
BMW Motorrad Italia SBK Team
15.B・スターリング  
Team Pedercini

Race2

1.C・チェカ  Althea Racing
2.M・ビアッジ  Aprilia Alitalia Racing Team
3.M・メランドリ  Yamaha World Superbike Team
4.J・レイ  Castrol Honda
5.L・ハスラム  BMW Motorrad Motorsport
6.L・キャミア  Aprilia Alitalia Racing Team
7.芳賀紀行  PATA Racing Team Aprilia
8.M・ファブリッツィオ  Team Suzuki Alstare
9.T・サイクス  Kawasaki Racing Team Superbike
10.R・チャウス  Castrol Honda
11.J・スモルツ  Team Effenbert-Liberty Racing
12.R・ロルフォ  Team Pedercini
13.J・ウォーターズ  Yoshimura Suzuki Racing Team
14.J・トスランド  BMW Motorrad Italia SBK Team
15.E・ラバティ  Yamaha World Superbike Team

|

« RACERS Vol.8 | トップページ | M1途中経過3 »

モータースポーツ」カテゴリの記事

コメント

開幕ですねー。

どうも今年も国産勢はイマイチのようで。ガツンと断然強いのはもう無理なんでしょうか。。芳賀も微妙な位置にいますねー。

でもまだ初戦、どうなっていくか楽しみです。

投稿: ししふう | 2011年3月 3日 (木) 10時09分

ししふうさま
勢いがあるという意味ではアプやBMW辺りが調子良さそうな感じ
ですけど、ヤマハとホンダも意外といけるかもしれませんよ。
レイとメランドリはかき回してくれるのではないかと。逆にチェカ
のところは他のメーカーが仕上げて来る前にポイントを稼いでおか
ないとシーズンが進むにつれて厳しくなるでしょうね。新型を投入
したカワサキと1台に絞ったスズキは今のところ未知数な感じです
芳賀選手には今年こそ・・・。余談ですが今年のテンケイトホンダ
のカストロールカラーはなかなかカッコいいですね。コシンスキー
が乗ってた頃のRVFとかエドワーズのVTRを思い出しました。

投稿: 牛乳 | 2011年3月 3日 (木) 23時28分

コシンスキー!どうしてるんでしょうねー。天才肌で250ではトップまで行ったけど、性格的に問題があったんでしょうねー。私のカストロ色ナンバーワンはJ.ダンロップです。雑いカラーリングデザインでしたがまたそれが味があって。。

コシンスキーと同じような道を歩んでほしくないのが、バーミューレン。今回はまだケガがよくなく出ていませんでしたが。。最近はMOTOGPからの都落ち組がいるのがなんとも痛ましいです。。

昔はトップカテゴリーから引退する時は、出ても国内戦にご奉仕で数年出て終了というパターンが多かったと思いますが、今ははじき出されたり、年齢的にまだ行けるとなるんでしょうね。

投稿: ししふう | 2011年3月 4日 (金) 09時52分

ししふうさま
コシンスキーは引退後、不動産ビジネスで成功したというウワサを
聞きましたが、どうしてるんでしょうねぇ。ジョイ・ダンロップと
いうとロスマンズカラーのVFRのイメージが強いです。
あの人はどんなクラスのバイクに乗っても速かったですよねぇ。
確かにSBKはmotoGPからの移籍組が増えてきましたが、
ライダーとしてはどっちが面白いんでしょう?お決まりパターンが
多いmotoGPよりもSBKの方が見ている側としては面白いん
ですけど・・・。

投稿: 牛乳 | 2011年3月 6日 (日) 18時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1154368/39079842

この記事へのトラックバック一覧です: SBK2011 オーストラリア:

« RACERS Vol.8 | トップページ | M1途中経過3 »