« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

SBK2011 ドニントン

2戦、4レースを消化してチェカ
が3勝。かなり意外な結果だと。
2気筒の弱点が出にくいコース
かもしれませんが、それ以上に
大ベテランの健闘が光りますね。
そして開幕ではあまり目立って
いなかったメランドリが1位、
2位と今回はまずまず。決勝では
イマイチだったものの、カワサキ
勢も予選では調子がよかったよう
なので今後が楽しみです。芳賀
選手を含めたアプリリア勢は今回
に関しては不発でしたね。地元の
キャミアは何とか頑張っていた
のですが・・・。
しかしコーナーの開け始めでリア
タイヤがホイールごと脱落という
のは同じバイク乗りとして想像も
つかないというか絶句してしまい
ますね(苦笑)

Race1

1.M・メランドリ  Yamaha World Superbike Team
2.J・スモルツ  Team Effenbert-Liberty Racing
3.C・チェカ  Althea Racing
4.L・ハスラム  BMW Motorrad Motorsport
5.J・レイ  Castrol Honda
6.芳賀紀行  PATA Racing Team Aprilia
7.M・ビアッジ  Aprilia Alitalia Racing Team
8.L・キャミア  Aprilia Alitalia Racing Team
9.T・コーサー  BMW Motorrad Motorsport
10.J・ラスコルツ  Kawasaki Racing Team Superbike
11.S・ギュントーリ  Team Effenbert-Liberty Racing
12.R・チャウス  Castrol Honda
13.A・バドビニ  BMW Motorrad Italia SBK Team
14.R・ロルフォ  Team Pedercini
15.M・アイチソン  Team Pedercini

Race2

1.C・チェカ  Althea Racing
2.M・メランドリ  Yamaha World Superbike Team
3.L・キャミア  Aprilia Alitalia Racing Team
4.L・ハスラム  BMW Motorrad Motorsport
5.J・ラスコルツ  Kawasaki Racing Team Superbike
6.J・レイ  Castrol Honda
7.M・ファブリッツィオ  Team Suzuki Alstare
8.J・スモルツ  Team Effenbert-Liberty Racing
9.A・バドビニ  BMW Motorrad Italia SBK Team
10.R・チャウス  Castrol Honda
11.S・ギュントーリ  Team Effenbert-Liberty Racing
12.T・サイクス  Kawasaki Racing Team Superbike
13.T・コーサー  BMW Motorrad Motorsport
14.E・ラバティ  Yamaha World Superbike Team
15.R・ロルフォ  Team Pedercini

| | コメント (0) | トラックバック (0)

WRC2011 Rd.3 ラリー・ポルトガル

まだシーズン序盤ということも
あるのかもしれませんが、今年の
シトロエンは「ローブ最優先」の
オーダーは出さないようですね。
次の時代のことを考え始めている
のでしょうか。どっちが勝っても
母国人ドライバーなので今後は
「偉大なドライバーの記録を更新
する」のか「将来のチャンピオン
候補」を鍛えるのか?果たして
優先順位が上位にあるのはどちら
なんでしょうか。ランキングでは
今季から導入したパワーステージ
のおかげでローブとヒルボネンが
同ポイントで首位になりました。
いろいろな意見があるようですが
個人的には良いシステムなのでは
ないかと思いますね。

・・・次戦ヨルダンラリーはどう
落ち着くことになるのでしょうか

リザルト

1.S・オジェ
Citroen Total World Rally Team
2.S・ローブ
Citroen Total World Rally Team
3.J・ラトバラ
Ford Abu Dhabi World Rally Team
4.M・ヒルボネン
Ford Abu Dhabi World Rally Team
5.M・ウィルソン
M-Sport Stobart Ford Rally Team
6.P・ソルベルグ
Petter Solberg World Rally Team
7.K・ライコネン
ICE 1 Racing
8.
F・ヴィラグラ
Munchi's Ford World Rally Team
9.H・ソルベルグ
M-Sport Stobart Ford Rally Team
10.D・カイパース
FERM Power Tools World Rally Team

| | コメント (0) | トラックバック (0)

F1オーストラリアGP 2011

ザウバーの件は残念な限りです。
かつてSBKがピレリワンメイク
になった際、タイヤは5、6周で
おいしいところが終わりレースの
終盤ではドリフト大会みたいな
状況になり、ラップタイムも大幅
に落ち込んだりしていたのでF1
ではどうなることかと思っていた
のですが、意外と普通でしたね。
まぁ現状「レッドブルクラス」と
「その他のチーム」に分類されて
しまいそうですが。新デバイスに
関してはストレートが短かった為
目だった効果があるようには見え
ませんでしたが、次のセパンでは
長いストレートが2箇所あるので
はっきりした効果が現れるかも。
オンボードカメラを見る限りでは
ステアリングから手を離すことに
なってもFダクトの方が操作を
するのに余裕がありそうな気が
しました。

リザルト

1.S・ベッテル
(レッドブル・レーシング)
2.L・ハミルトン
(ボーダフォン・マクラーレン・メルセデス)
3.V・ペトロフ
(ロータス・ルノー・GP)
4.F・アロンソ
(スクーデリア・フェラーリ・サンタンデール)
5.M・ウエーバー
(レッドブル・レーシング)
6.J・バトン
(ボーダフォン・マクラーレン・メルセデス)
7.F・マッサ
(スクーデリア・フェラーリ・サンタンデール)
8.S・ブエミ
(トロ・ロッソ)
9.A・スーティル
(フォースインディア・F1チーム)
10.P・ディ・レスタ
(フォースインディア・F1チーム)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

MotoGP2011 Rd.1 カタール

開幕しましたね。事前テストでも
好調だったホンダ勢がいい状態を
維持しているようです・・・

リザルト

1.C・ストーナー Repsol Honda Team
2.J・ロレンソ Yamaha Factory Racing
3.D・ペドロサ Repsol Honda Team
4.A・ドヴィツィオーゾ Repsol Honda Team
5.M・シモンチェリ San Carlo Honda Gresini
6.B・スピース Yamaha Factory Racing
7.V・ロッシ Ducati MotoGP Team
8.C・エドワーズ Monster Yamaha Tech 3
9.N・ヘイデン Ducati MotoGP Team
10.青山博一 San Carlo Honda Gresini
11.C・クラッチロー Monster Yamaha Tech 3
12.H・バルベラ Mapfre Aspar Team MotoGP
13.K・アブラハム Cardion AB Motoracing

| | コメント (2) | トラックバック (0)

WRC2011 Rd.2 ラリー・メキシコ

リザルトだけアップして
おきます。

1.S・ローブ
Citroen Total World Rally Team
2.M・ヒルボネン
Ford Abu Dhabi World Rally Team
3.J・ラトバラ
Ford Abu Dhabi World Rally Team
4.P・ソルベルグ
Petter Solberg World Rally Team
5.M・オストベルグ
M-Sport Stobart Ford Rally Team
6.H・ソルベルグ
M-Sport Stobart Ford Rally Team
7.M・プロコップ ※S2000
8.J・ハンニネン ※S2000
9.F・ヴィラグラ
Munchi's Ford World Rally Team
10.O・タナック ※S2000

| | コメント (0) | トラックバック (0)

M1途中経過3

一旦、カウルを取り付けてみて
デカールを貼ってみました。
カウルの分割部分に合わせて
デカールをカットするのですが、
かなり苦戦することに。

Img_4496
ゴロワーズのデカールは社外品を
使用してます。エアアウトレット
の部分が思っていたより複雑な
曲面になっていたので右側はまあ
何とかまとまったのですが・・・
Img_4503
左側はちょっと曲がってしまい
ました。こっちから作業を始めた
んですけどねぇ。取りあえずこの
後はカウルを脱着して内側の塗装
やクリア吹きに移る予定です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

SBK2011 オーストラリア

いよいよ開幕しました。まだ短い
ダイジェスト版を見ただけですが
今年も接戦の予感がします。
昨年もそうだったのですが、何故
かアルテアのドカは速い。チェカ
のテクニックがあるからこそなの
かもしれませんが、ダブルとは。
motoGPはどんどん若手が
増えていってますが、SBKの
オジサン勢にはもっと若手を
やっつけて欲しいと思います♪
コーサー、チェカ、ビアッジ、
そして芳賀選手にも・・・。今回
レース1で9位、レース2で7位
という結果でしたが、まだまだ
上位を狙えると思うので。確かに
サテライトで1台体制、マシンも
初めてとなると楽ではないと思い
ますが経験豊富ですから。
その他の注目点としてはビアッジ
とメランドリのイタリアン対決が
熱くなりそうな感じですね。

Race1

1.C・チェカ  Althea Racing
2.M・ビアッジ  
Aprilia Alitalia Racing Team
3.L・ハスラム  
BMW Motorrad Motorsport
4.E・ラバティ  
Yamaha World Superbike Team
5.M・メランドリ  
Yamaha World Superbike Team
6.
M・ファブリッツィオ  Team Suzuki Alstare
7.J・スモルツ  
Team Effenbert-Liberty Racing
8.T・サイクス  
Kawasaki Racing Team Superbike
9.芳賀紀行  
PATA Racing Team Aprilia
10.T・コーサー  
BMW Motorrad Motorsport
11.R・ロルフォ  
Team Pedercini
12.J・レイ  
Castrol Honda
13.L・キャミア  
Aprilia Alitalia Racing Team
14.A・バドビニ  
BMW Motorrad Italia SBK Team
15.B・スターリング  
Team Pedercini

Race2

1.C・チェカ  Althea Racing
2.M・ビアッジ  Aprilia Alitalia Racing Team
3.M・メランドリ  Yamaha World Superbike Team
4.J・レイ  Castrol Honda
5.L・ハスラム  BMW Motorrad Motorsport
6.L・キャミア  Aprilia Alitalia Racing Team
7.芳賀紀行  PATA Racing Team Aprilia
8.M・ファブリッツィオ  Team Suzuki Alstare
9.T・サイクス  Kawasaki Racing Team Superbike
10.R・チャウス  Castrol Honda
11.J・スモルツ  Team Effenbert-Liberty Racing
12.R・ロルフォ  Team Pedercini
13.J・ウォーターズ  Yoshimura Suzuki Racing Team
14.J・トスランド  BMW Motorrad Italia SBK Team
15.E・ラバティ  Yamaha World Superbike Team

| | コメント (4) | トラックバック (0)

RACERS Vol.8

勿論今回も購入してますよ。
相変わらず内容が濃いです。

Img_4474
やっぱり2ストのGPマシンは
カッコいいです・・・
4ストのmotoGPマシンが
現代の科学と技術の集大成的な
イメージがあるのに対して2スト
のGPマシンは芸術家がひらめき
をそのまま形にしたような感じが
するんですよね。実際はそんな訳
はなく、理論的に作られているの
ですが・・・
時代の流れなんでしょうねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »