« MotoGP2011 Rd.1 カタール | トップページ | WRC2011 Rd.3 ラリー・ポルトガル »

F1オーストラリアGP 2011

ザウバーの件は残念な限りです。
かつてSBKがピレリワンメイク
になった際、タイヤは5、6周で
おいしいところが終わりレースの
終盤ではドリフト大会みたいな
状況になり、ラップタイムも大幅
に落ち込んだりしていたのでF1
ではどうなることかと思っていた
のですが、意外と普通でしたね。
まぁ現状「レッドブルクラス」と
「その他のチーム」に分類されて
しまいそうですが。新デバイスに
関してはストレートが短かった為
目だった効果があるようには見え
ませんでしたが、次のセパンでは
長いストレートが2箇所あるので
はっきりした効果が現れるかも。
オンボードカメラを見る限りでは
ステアリングから手を離すことに
なってもFダクトの方が操作を
するのに余裕がありそうな気が
しました。

リザルト

1.S・ベッテル
(レッドブル・レーシング)
2.L・ハミルトン
(ボーダフォン・マクラーレン・メルセデス)
3.V・ペトロフ
(ロータス・ルノー・GP)
4.F・アロンソ
(スクーデリア・フェラーリ・サンタンデール)
5.M・ウエーバー
(レッドブル・レーシング)
6.J・バトン
(ボーダフォン・マクラーレン・メルセデス)
7.F・マッサ
(スクーデリア・フェラーリ・サンタンデール)
8.S・ブエミ
(トロ・ロッソ)
9.A・スーティル
(フォースインディア・F1チーム)
10.P・ディ・レスタ
(フォースインディア・F1チーム)

|

« MotoGP2011 Rd.1 カタール | トップページ | WRC2011 Rd.3 ラリー・ポルトガル »

モータースポーツ」カテゴリの記事

コメント

なにより驚いたのは、ペトロフの3位とペレスのワンストップでした。

ルノーは良いとは思っていましたが彼が来るとは。逆を言うとハイドフェルドは次もチームメイト下回るとヤバいんでは。F1のことですから契約の縛りも関係なく、ヒュルケンベルグあたり連れてくるとか。

ペレスは、侮れませんね。昨年、可夢威が他のドライバーとは違う戦略で何度も裏をかいたように行くかも。エースでないとそういう路線が取れるのですかね。マシンも悪くないし、可夢威には頑張ってもらいたいものです。

投稿: ししふう | 2011年3月31日 (木) 09時30分

ししふうさま
ルノーの2人は明暗が分かれましたね。ペトロフは昨年の最終戦で
アロンソを押さえきったことで自信を深めたのでしょうか。
クビサが復帰するまでの間、GP2辺りの見込み有望なドライバー
をペイドライバーとしてセカンドドライバーに起用、エースは
ペトロフという体制でも良いかもしれません。
ペレスに関してはオフシーズン、燃料を少なくしていいタイムを
出していたのかなと思ってましたが、実力もありそう。相変わらず
ザウバーはいい若手を起用しますね。勿論総合的な能力は可夢偉の
方が全然高いと思いますが。

投稿: 牛乳 | 2011年4月 2日 (土) 00時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1154368/39420897

この記事へのトラックバック一覧です: F1オーストラリアGP 2011:

« MotoGP2011 Rd.1 カタール | トップページ | WRC2011 Rd.3 ラリー・ポルトガル »