« WE LOVE CARS. | トップページ | MotoGP2010 Rd.18バレンシア »

F1ブラジルGP 2010

予選では大きな番狂わせがあって
ヒュルケンベルグがPPを獲得。
決勝に関してはレッドブルが一応
ワンツーを決める形になりました
・・・ただ個人的には今回1番運
に恵まれたのはアロンソなのでは
ないかと思います。レッドブルが
前評判どおりの速さを見せたもの
の勝ったのはベッテルだし下馬評
ではフェラーリよりも有利だろう
と思われていたマクラーレンは
パッとしませんでした。エンジン
基数的にも厳しいアロンソが3位
に入ってウェバーにポイントを
大きく詰められることもなく、
更にハミルトンを事実上タイトル
争いから脱落させることになった
3位。勝てれば文句ないでしょう
けど、勝ちに等しい結果と言って
も良さそうです。特に肩入れする
ドライバーはおりませんがファン
にとって最高の最終戦になって
くれることを願っております。

リザルト

1.S・ベッテル
(レッドブル・レーシング)
2.M・ウェバー
(レッドブル・レーシング)
3.F・アロンソ
(スクーデリア・フェラーリ・サンタンデール)
4.L・ハミルトン
(ボーダフォン・マクラーレン・メルセデス)
5.J・バトン
(ボーダフォン・マクラーレン・メルセデス)
6.N・ロズベルグ
(メルセデスGP・ペトロナス・F1チーム)
7.M・シューマッハー
(メルセデスGP・ペトロナス・F1チーム)
8.N・ヒュルケンベルグ
(AT&Tウィリアムズ)
9.R・クビサ
(ルノーF1チーム)
10.小林可夢偉
(BMWザウバー・F1チーム)

|

« WE LOVE CARS. | トップページ | MotoGP2010 Rd.18バレンシア »

モータースポーツ」カテゴリの記事

コメント

きっちりランキング5位までが5位までを占める、わかりやすいですが、どうもねー。まーシーズン終盤なんで各チームリタイアだけは避けたくて、チームとドライバーの実力がそのまま出ているんでしょうね。

下位のドライバーも5人にぶつかってしまうのだけは嫌でしょうし(笑)。

また今週末ですね。アロンソ、もって行っちゃうのかなー。レッドブルが死ぬ気で特攻とかあると荒れますが。チームもコンストラクター取ったので、もう好きにしてって感じでしょうから。たぶん1番プレッシャーはウェーバーでしょうね。彼はたぶんこのチャンス逃すと次が厳しいでしょうし。

下位ドライバーも契約がらみでいいとこ見せないとダメだし、結構白熱かもしれませんね。

投稿: ししふう | 2010年11月 9日 (火) 10時12分

ししふうさま
ここまで多方面から叩かれてもスタンスを変えないともう意地の
張り合いみたいなもんですよね。でもランキングでベッテルが上に
いたら果たして同じ事をやっているのかどうか・・・バリチェロの
発言と私も同意見です。
しかし改めて考えると86年のタイトル争いに良く似ていますよね
あの時はマシーンでは圧倒的にウイリアムズが有利だったのに
結果的にはプロストがチャンピオンになったんですよねぇ。

投稿: 牛乳 | 2010年11月 9日 (火) 22時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1154368/37587311

この記事へのトラックバック一覧です: F1ブラジルGP 2010:

« WE LOVE CARS. | トップページ | MotoGP2010 Rd.18バレンシア »