« F1韓国GP 2010 | トップページ | WRC第12戦 RACCラリー・スペイン 2010 »

SUPER GT 第8戦「MOTEGI GT250Km RACE」

富士でのレースが中止になって
大きくインターバルが空くことに
なった最終戦。500クラスの
タイトル争いに興味があったの
ですが、残念ながら・・・
草レースか素人の走行会レベル並
のミスで6号車が戦線離脱・・・
ただ昨年王者のトムスと新王者に
なった童夢のトップ争いはこれぞ
GTの醍醐味といえるような素晴
らしいバトルでした。
一方の300クラスは6ポイント
リードのガライヤとRX-7が
争うだろうと思っていたのですが
ハセミZが大逆転でタイトル獲得
という結果になりました。鈴鹿で
タイヤ脱落と同時にタイトル争い
からも脱落したかに見えたチーム
の会心のレースだったのではない
でしょうか。お見事でした。

GT500クラス

1.#1 PETRONAS TOM'S SC430
2.#18 ウイダー HSV-010
3.#17 KEIHIN HSV-010
4.#35 MJ KRAFT SC430
5.#12 カルソニック IMPUL GT-R
6.#100 RAYBRIG HSV-010
7.#8 ARTA HSV-010
8.#23 MOTUL AUTECH GT-R
9.#32 EPSON HSV-010
10.#24 HIS ADVAN KONDO GT-R

GT300クラス

1.#3 HASEMI SPORT TOMICA Z
2.#2 アップル・K-one・紫電
3.#86 JLOC ランボルギーニ RG-3
4.#11 JIMGAINER DIXCEL DUNLOP F430
5.#5 マッハGOGOGO車検408R
6.#25 ZENT Porsche RSR
7.#19 ウェッズスポーツIS350
8.#7 M7 MUTIARA MOTORS雨宮SGC7
9.#9 初音ミクxGSRポルシェ
10.#62 R&D SPORT LEGCY B4

2010チャンピオン
GT500クラス

#18 ウイダー HSV-01
GT300クラス
#3 HASEMI SPORT TOMICA Z

|

« F1韓国GP 2010 | トップページ | WRC第12戦 RACCラリー・スペイン 2010 »

モータースポーツ」カテゴリの記事

コメント

ホンダは開幕のドタバタから良く立ち直ってここまで来たと思います。やはりF1開発していた技術はそれなりに行かされたんでしょうか。

長谷見さんはうれしいでしょうねー。大昔彼の天才肌のはしり、鈴鹿で見たことありますが、時代が今なら確実にF1に行く方です。いつも最速星野や中島パパ、鉄人高橋、粋な松本さんなどの陰に隠れそうですが、天性だけなら最強の方なんですよね。少し運と花がなかったというか。

投稿: ししふう | 2010年10月26日 (火) 17時43分

ししふうさま
ニッサンのサテライトの中でハセミモータースポーツって1番冷遇
されているように見えるので300ですがタイトル獲れてよかった
と思います。500では新人テストやタイヤの開発チームのような
使われ方をしていて今年からは300に鞍替えさせられてきっと
悔しい思いをされていたのではないでしょうか。ドライバー2人も
いいラインナップだと思うので500に戻ってきて欲しいですね。
因みに私は長谷見さんというと、リーボックカラーのGTS-Rと
ユニシアジェックスのR32を思い出します。

投稿: 牛乳 | 2010年10月27日 (水) 23時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1154368/37391937

この記事へのトラックバック一覧です: SUPER GT 第8戦「MOTEGI GT250Km RACE」:

« F1韓国GP 2010 | トップページ | WRC第12戦 RACCラリー・スペイン 2010 »