« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

F1シンガポールGP 2010

アロンソ連勝。タイトル争いから
真っ先に脱落したかに思えたの
ですが、もしかしたら意外と有利
に残りのレースをこなせるかも。
レッドブルとマクラーレンが2人
のドライバーに可能性が残って
いるのに対して、フェラーリは
アロンソだけですから状況に応じ
てマッサを使えそう。ドイツでの
バレバレチームオーダーみたいな
ことさえやらなければイケるよう
な気もします。いずれにしても
混戦になると経験者かベテランに
いい風が吹きそうな感じなので、
ウェバー、アロンソ、バトン辺り
が・・・ハミルトンもタイトルを
経験してますが、何となくあと1
レースぐらいノーポイントレース
を作っちゃいそうな気がします。
ベッテルも同様ですね。速さでは
この2人が抜群なんですが。

リザルト

1.F・アロンソ
(スクーデリア・フェラーリ・サンタンデール)
2.S・ベッテル
(レッドブル・レーシング)
3.M・ウェバー
(レッドブル・レーシング)
4.J・バトン
(ボーダフォン・マクラーレン・メルセデス)
5.N・ロズベルグ
(メルセデスGP・ペトロナス・F1チーム)
6.R・バリチェロ
(AT&Tウィリアムズ)
7.R・クビサ
(ルノーF1チーム)
8.A・スーティル
(フォースインディア・F1チーム)
9.N・ヒュルケンベルグ
(AT&Tウィリアムズ)
10.F・マッサ
(スクーデリア・フェラーリ・サンタンデール)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

動態確認

ここのところ動かしていなかった
ミレを久方ぶりに始動。最近この
パターンが多いです。

Img_4071
少し動かしてからまたしばらくの
間休眠することが多いなぁ。
これじゃ動態確認です。今回は
いつもコースを中心に走行。
暫く乗ってなかったので体の方が
音を上げました。来月からはもう
少し走りに出かけたいです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

誘惑に負けて

2ヶ月に1度の楽しみになって
いる「RACERS」は予定通り
ですが、今回はスルーするつもり
だったタミヤのM1も買ってきた

積んでるものが減るまで見送る
つもりだったのですが・・・

Img_4058
「RACERS」は2輪レースに
興味がある方には絶対オススメの
逸品です。内容が濃くて資料的な
価値も高いですよ。今回の第6号
を読んでいるとKR500も作り
たくなります(笑)M1は今が旬
かもしれませんが、まぁ当分先に
なることでしょう。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

日帰りツアー

施設がオープンした頃に一度だけ
行ったことがある某所へネタ探し
に出かけてきました。

Img_3488
ETC未装着のミレでは過酷な
行程だったのでコレで出撃です。
Img_3490
どこへ行ったのかと言うとツイン
リンクもてぎの中にある施設の
「もてぎコレクションホール」
です。平日で余裕だろうと思って
いたら途中、強烈な渋滞に巻き
込まれて到着時間が大幅に遅れて
しまい、ゆっくり見て廻ることが
出来ませんでした。
Img_4050
施設のショップでHSV-010
のミニカーを購入。何故一番成績
がパッとしないエプソンなのかと
いうと個人的にカラーリングでは
一番かっこいいと思ったから。
撮影した内容は少しずつUPして
行く予定です。上手く撮れている
ものが少ないのでもう一度行か
ないとダメかも・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MotoGP2010 Rd.13アラゴン

初開催のコースでスペインという
こともありロレンソvsペドロサ
のバトルになるのかなと思いきや
優勝したのはストーナーでした。
ヤマハ勢は全体的に不発でしたが
ここ数戦の流れを見ていると
ロレンソもプレッシャーを感じて
いるのでしょうか?残り5戦で
ペドロサとのポイント差は56点
あるので簡単にはひっくり返る
ことはないと思いますが、一時の
勢いが見られなくなってしまい
ましたね。ロレンソが不調なのか
ペドロサが好調なのか・・・
いずれにしても見ている側から
すれば最後までもつれた方が
面白いんですけど。そしてその時
チームメイトは果たしてサポート
してくれるのか?気になりますね

リザルト

1.C・ストーナー Ducati Marlboro Team
2.D・ペドロサ Repsol Honda Team
3.N・ヘイデン Ducati Marlboro Team
4.J・ロレンソ Fiat Yamaha Team
5.B・スピース Monster Yamaha Tech 3
6.V・ロッシ Fiat Yamaha Team
7.M・シモンチェリ San Carlo Honda Gresini
8.A・バウティスタ Rizla Suzuki MotoGP
9.M・メランドリ San Carlo Honda Gresini 
10.A・エスパルガロ Pramac Racing Team
11.H・バルベラ Paginas Amarillas Aspar
12.C・エドワーズ Monster Yamaha Tech 3
13.青山博一 Interwetten Honda MotoGP
14.M・カリオ Pramac Racing Team

| | コメント (2) | トラックバック (0)

WRC第10戦 ラリー・ジャパン 2010

デイ1、デイ2ともしかしたらと
思ったのですが・・・最終的には
オジェが今季2勝目を挙げる結果
となりました。ペターがもし優勝
していたら、ここ数年あまり聞い
たことのないプライベーターの
WRC優勝という偉業だったので
すが。それにしてもメーカーが
減ってしまったのと個人的に興味
が薄れてしまっただけかもしれま
せんが、どうも初年度が一番の
盛り上がりを見せていたような気
のするラリー・ジャパン。無理に
札幌ドームを使わなくてもいい
ような・・・まぁ鉄壁と思われた
ローブとヒルボネンがぱっとしな
かったという点では面白い展開
だったのかもしれませんね。

リザルト

1.S・オジェ
(Citroen Junior World Rally Team)
2.P・ソルベルグ
(Petter Solberg World Rally Team)
3.Y・ラトバラ
(BP Ford Abu Dhabi World Rally Team)
4.D・ソルド
(Citroen Total World Rally Team)
5.S・ローブ
(Citroen Total World Rally Team)
6.M・ヒルボネン
(BP Ford Abu Dhabi World Rally Team)
7.H・ソルベルグ
(Stobart VK M-Sport Ford Rally Team)
8.F・ヴィラグラ
(Munchi's Ford World Rally Team)
9.Y・ケトマー ※S2000
10.M・プロコップ ※S2000

| | コメント (2) | トラックバック (0)

SBKドイツ 2010

レース2で芳賀選手が今季2勝目
を挙げ本来だったらもっと早めに
UPする予定だったのですが。
このレースの前に来期SBKでの
ワークス活動をしないと発表して
いるドカだけに今後の芳賀選手の
去就が気になるところです。
それにしても現行の1198が
登場したときはアドバンテージが
あり過ぎるのではないかと思った
のですが、ここまで急激に力を
失うとは・・・4気筒勢の進化の
スピードが驚異的なんですかね。
アプリリア乗りとしては残り2戦
4レース、ビアッジを全力で応援
しようと思います。

Race1

1.J・レイ  HANNspree Ten Kate Honda
2.C・チェカ  Althea Racing
3.C・クラッチロー  Yamaha Sterilgarda Team
4.M・ビアッジ  Aprilia Alitalia Racing
5.T・サイクス  Kawasaki Racing Team
6.L・ハスラム  Team Suzuki Alstare
7.R・チャウス  BMW Motorrad Motorsport
8.S・ギュントーリ  Team Suzuki Alstare
9.S・バーン  Althea Racing
10.L・スカッサ  Supersonic Racing Team
11.L・ランツィ  DFX Corse
12.I・ロウリー  Kawasaki Racing Team
13.R・ヘイデン  Team Pedercini
14.M・バイオッコ  Team Pedercini

Race2

1.芳賀紀行  Ducati Xerox Team
2.J・レイ  HANNspree Ten Kate Honda
3.L・ハスラム  Team Suzuki Alstare
4.C・クラッチロー  Yamaha Sterilgarda Team
5.M・ビアッジ  Aprilia Alitalia Racing
6.S・ギュントーリ  Team Suzuki Alstare
7.T・サイクス  Kawasaki Racing Team
8.J・トスランド  Yamaha Sterilgarda Team
9.R・チャウス  BMW Motorrad Motorsport
10.S・バーン  Althea Racing
11.J・スモルツ  Team PATA B&G Racing
12.T・コーサー  BMW Motorrad Motorsport
13.L・ランツィ  DFX Corse
14.L・スカッサ  Supersonic Racing Team
15.M・ノイキルヒナー  HANNspree Ten Kate Honda

| | コメント (2) | トラックバック (0)

F1イタリアGP 2010

ベルギーでタイトル争いから脱落
したかに思えた人たちの敗者復活
レースのような展開になりました
前回の優勝でポイントリーダーに
なっていたハミルトンですが、
いきなりあそこで無理をする必要
はなかったのではないかと。まぁ
若いから仕方がないのかも・・・
モンツァより後はテクニカルな
コースが続くので、ここでの取り
こぼしはマクラーレンにとっては
予想外なのではないでしょうか。
レースの方はアロンソがチームの
地元で「いい勝ち方」をして何と
かタイトル争いに踏みとどまる
ことに成功。でも一番したたか
だったのはそれなりにポイントを
稼いでランキングトップに浮上
したウェバーでしょうか。

リザルト

1.F・アロンソ
(スクーデリア・フェラーリ・サンタンデール)
2.J・バトン
(ボーダフォン・マクラーレン・メルセデス)
3.F・マッサ
(スクーデリア・フェラーリ・サンタンデール)
4.S・ベッテル
(レッドブル・レーシング)
5.N・ロズベルグ
(メルセデスGP・ペトロナス・F1チーム)
6.M・ウェバー
(レッドブル・レーシング)
7.N・ヒュルケンベルグ
(AT&Tウィリアムズ)
8.R・クビサ
(ルノーF1チーム)
9.M・シューマッハー
(メルセデスGP・ペトロナス・F1チーム)
10.R・バリチェロ
(AT&Tウィリアムズ)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お別れ会

ご本人と面識があった訳では
ありませんが一人のモーター
スポーツファンとして富沢選手
のご冥福をお祈り申し上げます。

Img_3486
画像のお酒ですが、
「フレシネ・コルドン・ネグロ」
と言いまして、MotoGPの
表彰台で使われているものです。
職場のレースファン数人で1本
ずつ購入して送り出してあげよう
ということになりました・・・

表彰台でこれを空けるシーンを
もっと見たかったです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

MotoGP2010 Rd.12サンマリノ

今回はリザルトだけUPします。
申し訳ございません・・・

リザルト

1.D・ペドロサ Repsol Honda Team
2.J・ロレンソ Fiat Yamaha Team
3.V・ロッシ Fiat Yamaha Team
4.A・ドヴィツィオーゾ Repsol Honda Team
5.C・ストーナー Ducati Marlboro Team
6.B・スピース Monster Yamaha Tech 3
7.C・エドワーズ Monster Yamaha Tech 3
8.A・バウティスタ Rizla Suzuki MotoGP
9.H・バルベラ Paginas Amarillas Aspar
10.M・メランドリ San Carlo Honda Gresini 
11.A・エスパルガロ Pramac Racing Team
12.青山博一 Interwetten Honda MotoGP
13.R・ド・ピュニエ LCR Honda MotoGP
14.M・シモンチェリ San Carlo Honda Gresini

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ホンダRS250RW その3

RS250RW青山号の3回目。

Img_2965
クラッチレバーは質素でしたが、
ブレーキレバーはちゃんと可倒式
のブレンボが付いてます。これと
同じものをミレに付けたい・・・
Img_2964
エンジンのグラフィックがカウル
に・・・何だか中途半端に見える
のですが。昔、宇川選手のNSR
で同じような仕上げのマシンが
ありましたが、あっちは全体的に
仕上げてあったのでインパクトが
あってカッコよかったです。
Img_2967
左側も同様の表現になってます。
RCVに似せているのでしょうか
Img_2959
水冷2ストローク
ケースリードバルブV-2
最高出力90馬力以上

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホンダRS250RW その2

引き続きRS250RW青山号
です。あともう1回ぐらい続ける
かもしれません・・・

Img_2952
モトGPマシンなどと比較すると
クラッチレバー等はかなり地味な
構成です。STDのRSと同じ
ものではないかと思われます。
Img_2953
ショーワ製のフロントフォークに
ブレンボの組み合わせです。
Img_2960
確認したところフレームNo.は
RS250RWF-A801の
プレートが付いておりました。
Img_2963
メーターはRCVに似てました。
左側のボタンがプレステっぽく
見えるのは私だけでしょうか♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホンダRS250RW

模型メーカーのハセガワより遂に
キット化のインフォメーションが
あったので、それを記念して。
250ccクラスのチャンピオン
マシンです。

Img_2951
久しぶりの日本人チャンピオン。
そして最後の250ccクラス。
数年前に開発が終了している
マシンでの快挙です。
Img_2954
モーターサイクルショーにて撮影
しましたが、隅っこだったので
あまり注目されていなかったです
Img_2955
本来ならホンダブースに大々的に
展示してもよいと思うのですが。
フジミがヨシムラのGSX-Rを
発売したり、タミヤからもM1が
リリース予定だったりと少しずつ
活性化してきましたね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »