« 久々のツーリング | トップページ | WRC第8戦 ネステ・オイル・ラリー・フィンランド 2010 »

F1ハンガリーGP 2010

毎年退屈な展開が多いハンガリー
なんですが、今年はいろいろと
盛りだくさんでしたね。個人的な
見所は可夢偉くんの好走ではなく
ピットロードでクビサに撃墜され
たスーティルなんですが(笑)
シューマッハの幅寄せに関しては
当然のペナルティーでしょう。
むしろ次戦でのグリッド降格だけ
で済んだのはラッキーだったの
ではないでしょうか。その一方で
タイトル争いはハミルトンのノー
ポイントでまた混戦になってきた
感じがします。

リザルト

1.M・ウェバー
(レッドブル・レーシング)
2.F・アロンソ
(スクーデリア・フェラーリ・サンタンデール)
3.S・ベッテル
(レッドブル・レーシング)
4.F・マッサ
(スクーデリア・フェラーリ・サンタンデール)
5.V・ペトロフ
(ルノーF1チーム)
6.N・ヒュルケンベルグ
(AT&Tウィリアムズ)
7.ペドロ・デ・ラ・ロサ
(BMWザウバー・F1チーム)
8.J・バトン
(ボーダフォン・マクラーレン・メルセデス)
9.小林可夢偉
(BMWザウバー・F1チーム)
10.R・バリチェロ
(AT&Tウィリアムズ)

|

« 久々のツーリング | トップページ | WRC第8戦 ネステ・オイル・ラリー・フィンランド 2010 »

モータースポーツ」カテゴリの記事

コメント

あのピットロード事故はメルセデスGPのせいですねー。ピットアウトのニコがタイヤとれちゃうんで、スーティルもクビサも見とれてたとか(笑)。

ピットレーン内事故は怖いです。大昔、250の若井さんがなくなったの思い出しました。。。

私の見所は首はマズイと頑張ったペトロフとデ・ラ・ロサです。やっぱり最後は根性なんだと認識しました。

投稿: ししふう | 2010年8月 4日 (水) 10時43分

ししふうさま
そう言えば昔イモラでロータスのザナルディのタイヤが吹っ飛んで
ミナルディのクルーに直撃したことがありましたね(逆かな?)
速度制限があっても逃げ場がないからピットレーンでの事故は怖い
ですよね。今回のような多重事故?だと尚更です。市販車では安全
が売りのベンツですがレースではいろいろ・・・ルマンでは華麗な
バックフリップを決めたこともありますし(笑)
ペトロフはあともう1回ぐらい上位フィニッシュを決めれば来期も
残留出来そうですけど、デ・ラ・ロサはどうでしょうか。持ち込み
が多い若手にシート奪われちゃいそうな気が。
若井さんの事故に関しては未だによく分かりません。相手は無事で
ヘルメットもウエアも着ているライダーが亡くなってしまうなんて
何故?と言う感じです。125の決勝の後、上田さんのマシンが
戻ってきてピットウォールをポンと叩いて通過していく姿が今でも
忘れられません。もう17年も前になるんですね・・・。

投稿: 牛乳 | 2010年8月 5日 (木) 00時35分

17年ですか、、あれから何人の有望な日本人ライダーが亡くなったことか。ピットレーンでもレース中でも、一般道でも。。。
大二郎はきつかったです。彼は絶対にMOTOGPチャンプになれたはずなんですがねー。


F1、来シーズンのシートがそろそろザワザワしてきますね。上位陣でもチーム内不穏な状況で今年は波乱があるかもですし。ザウバー、デ・ラ・ロサは微妙ですね。カムイ的にはマシン作りやすいお兄さまがいるのは良いんですが。カムイもホントはステップアップして欲しいですが、上のチームに空きが出るかどうか、またザウバーが来年は良いマシン作るかもという期待も。しかしお金無いしなー。。一足飛びにマッサの後釜とか(笑)。

投稿: | 2010年8月 5日 (木) 10時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1154368/36020206

この記事へのトラックバック一覧です: F1ハンガリーGP 2010:

« 久々のツーリング | トップページ | WRC第8戦 ネステ・オイル・ラリー・フィンランド 2010 »