« MotoGP2010 Rd.9アメリカ | トップページ | SUPER GT 第5戦「SUGO GT300km RACE」 »

F1ドイツGP 2010

結果的には開幕戦以来の勝利を
挙げたフェラーリですが・・・
近年のモータースポーツではほぼ
確実にチームオーダーは存在する
し、私がこの分野に興味を持つ
ようになってジョイントナンバー
ワンというシステムにチャレンジ
したチームを何回も見てきました
そしてシステムが成功した例は
残念ながら見たことがないし、
今後見ることもないと思います。
単純に速さだけを競っているなら
ともかく、選手権を争って年間の
タイトルを目指す為に天文学的な
お金を投資しているのだからあの
オーダーは正しくはないかもしれ
ませんが、間違いではないと思い
ます。ただ赤いチームはやり方が
昔からとてもお粗末ですね。ああ
いう状況になったらどうするのか
をドライバー、スタッフ全員に
徹底的に指導しておくべきです。
余計なお世話かもしれませんが。

リザルト

1.F・アロンソ
(スクーデリア・フェラーリ・サンタンデール)
2.F・マッサ
(スクーデリア・フェラーリ・サンタンデール)
3.S・ベッテル
(レッドブル・レーシング)
4.L・ハミルトン
(ボーダフォン・マクラーレン・メルセデス)
5.J・バトン
(ボーダフォン・マクラーレン・メルセデス)
6.M・ウェバー
(レッドブル・レーシング)
7.R・クビサ
(ルノーF1チーム)
8.N・ロズベルグ
(メルセデスGP・ペトロナス・F1チーム)
9.M・シューマッハー
(メルセデスGP・ペトロナス・F1チーム)
10.V・ペトロフ
(ルノーF1チーム)

|

« MotoGP2010 Rd.9アメリカ | トップページ | SUPER GT 第5戦「SUGO GT300km RACE」 »

モータースポーツ」カテゴリの記事

コメント

難しいですねー。チームは二人とも良いドライバー欲しいし、けどガチンコになるとまた困る。絶対エースと若者とかの組み合わせでも、時として若いのが頑張って追い抜いちゃう。(ロッシ+ロレンソみたいに、笑)

今年の組み合わせで、比較的楽してるのはクビサ、バリチェロ、カムイってとこでしょうか。マクラーレンは表面上上手くいってますが、あの超わがまま二人が最終的にぶつかり、レッドブルに追い抜かれる気がしてます(笑)。

投稿: ししふう | 2010年7月29日 (木) 10時38分

ししふうさま
もともとフェラーリはナンバーワンを重んじるチームですからね。
チームがイマイチ上手く行ってないとこうなっちゃう・・・。
この後アロンソが仮にタイトルを逃したとしてもレッドブルや
マクラーレンを追い詰められれば問題はないと思いますが、失速
してしまうと、ライコネンのような境遇に晒されてしまいそうな気
がします。今季のドライバーラインナップでまぁまぁなところだと
フォースインディアなんかもどうですかね?

投稿: 牛乳 | 2010年7月30日 (金) 00時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1154368/35930090

この記事へのトラックバック一覧です: F1ドイツGP 2010:

« MotoGP2010 Rd.9アメリカ | トップページ | SUPER GT 第5戦「SUGO GT300km RACE」 »