« F1トルコGP 2010 | トップページ | WRC第6戦 ボーダフォン・ラリー・ポルトガル 2010 »

SBKアメリカ 2010

慣れというのは恐ろしいもので、
RSV4が勝つのが普通に感じる
ようになってきました。ハスラム
がレース2でノーポイントだった
こともありランキングでもトップ
に浮上したビアッジ。アプリリア
としては最高の形でシーズンを
折り返すことが出来たのではない
でしょうか。大昔コーサーがいい
とこまで行ったことがありました
が今年は本当にチャンスかも。
一方、最低重量の規制緩和で多少
良化の兆しが見えてきたドカ。
アプリリアにだけは負けたくない
とは思いますが、今年はRSV4
の年にさせてください。

Race1

1.M・ビアッジ  Aprilia Alitalia Racing
2.L・ハスラム  Team Suzuki Alstare
3.芳賀紀行  Ducati Xerox Team
4.L・キャミア  Aprilia Alitalia Racing
5.T・コーサー  BMW Motorrad Motorsport
6.S・バーン  Althea Racing
7.L・スカッサ  Supersonic Racing Team
8.S・ギュントーリ  Team Suzuki Alstare
9.J・トスランド  Yamaha Sterilgarda Team
10.R・チャウス  BMW Motorrad Motorsport
11.C・クラッチロー  Yamaha Sterilgarda Team
12.M・ノイキルヒナー  HANNspree Ten Kate Honda 
13.T・サイクス  Kawasaki Racing Team
14.J・レイ  HANNspree Ten Kate Honda
15.C・バーミューレン  Kawasaki Racing Team

Race2

1.M・ビアッジ  Aprilia Alitalia Racing
2.L・キャミア  Aprilia Alitalia Racing
3.C・クラッチロー  Yamaha Sterilgarda Team
4.芳賀紀行  Ducati Xerox Team
5.T・コーサー  BMW Motorrad Motorsport
6.S・ギュントーリ  Team Suzuki Alstare
7.S・バーン  Althea Racing
8.J・レイ  HANNspree Ten Kate Honda
9.M・ファブリッツィオ  Ducati Xerox Team
10.L・スカッサ  Supersonic Racing Team
11.R・チャウス  BMW Motorrad Motorsport
12.M・ノイキルヒナー  HANNspree Ten Kate Honda 
13.C・バーミューレン  Kawasaki Racing Team
14.T・サイクス  Kawasaki Racing Team
15.B・パークス  ECHO CRS Honda

|

« F1トルコGP 2010 | トップページ | WRC第6戦 ボーダフォン・ラリー・ポルトガル 2010 »

モータースポーツ」カテゴリの記事

コメント

中野真矢が辞めていなければと思ってしまいます。。。

日本メーカーはやる気無くなっちゃてるんですかねー。開発費はMOTOGPだけにとか。。。

投稿: ししふう | 2010年6月 7日 (月) 13時15分

ししふうさま
SBKをフルワークスで運営しているのは一応ヤマハとカワサキと
いう事になりますが、カワサキは完全に迷走しちゃってますねぇ。
ホンダとスズキは直接関わっていないとはいえ、ほぼワークスで
すけど。どこのメーカーもmotoGPが来期から1000ccに
戻るのでそっちの方を優先してしまっている感じはします。
昔みたいに菅生で日本ラウンドやってくれたらもっと盛り上がると
思いますが、JSBとはレギュレーションが随分と違うので難しい
ですね。

投稿: 牛乳 | 2010年6月 7日 (月) 23時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1154368/35109102

この記事へのトラックバック一覧です: SBKアメリカ 2010:

« F1トルコGP 2010 | トップページ | WRC第6戦 ボーダフォン・ラリー・ポルトガル 2010 »