« 添加剤 | トップページ | MotoGP2010 Rd.6オランダ »

F1ヨーロッパGP 2010

戦闘力、信頼性共に低いザウバー
のマシンで可夢偉が大健闘の7位
フィニッシュ。アクシデント等で
荒れたレースになった時に確実に
生き残ってポイントを拾う戦い方
をして行くしかないのがツライ
ところですが、見ている関係者は
しっかりと評価していると思う
ので頑張って欲しいですね。
それにしてもウェバーが大事に
至らずよかったです。昔、鈴鹿で
あった全日本F3000の事故を
思い出してしまいました。

リザルト

1.S・ベッテル
(レッドブル・レーシング)
2.L・ハミルトン
(ボーダフォン・マクラーレン・メルセデス)
3.J・バトン
(ボーダフォン・マクラーレン・メルセデス)
4.R・バリチェロ
(AT&Tウィリアムズ)
5.R・クビサ
(ルノーF1チーム)
6.A・スーティル
(フォースインディア・F1チーム)
7.小林可夢偉
(BMWザウバー・F1チーム)
8.F・アロンソ
(スクーデリア・フェラーリ・サンタンデール)
9.S・ブエミ
(スクーデリア・トロ・ロッソ)
10.N・ロズベルグ
(メルセデスGP・ペトロナス・F1チーム)

|

« 添加剤 | トップページ | MotoGP2010 Rd.6オランダ »

モータースポーツ」カテゴリの記事

コメント

カムイ君頑張りましたねー。タイヤ作戦はまったとはいえ、あのザウバーで。こういう戦い方を持続していきたいですが、今回もいわゆる賭に出たとこ有ったので、常に旨くいくか。

しかし数戦こうやって4~7位ぐらい取って行けば来年移籍も見えるかも。できればルノー辺りに。シューミ引退、クビサ移籍、その後に潜り込むとか。

チャンピオン争いはまだ見えませんねー。結局マクラーレンがとなると面白くないし。アロンソの逆襲に期待です。

投稿: ししふう | 2010年6月29日 (火) 13時14分

ししふうさま
戦略が功を奏したとはいえ、あのザウバーでマクラーレンを。昨年
のチャンピオンのバトンをほぼ完璧に抑えましたからね。凄い事を
やってのけましたね。最後にはアロンソを一発で仕留めたし・・・
あと数戦こういうレースを見せてくれれば上位チームへの移籍も夢
ではないかもしれません。それにしてもフェラーリは脇役になって
しまいましたねぇ。昨年よりは良さそうなんですが・・・。

投稿: 牛乳 | 2010年6月30日 (水) 00時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1154368/35555656

この記事へのトラックバック一覧です: F1ヨーロッパGP 2010:

« 添加剤 | トップページ | MotoGP2010 Rd.6オランダ »