« レストア(その2) | トップページ | 救援物資到着 »

F1カナダGP 2010

個人的に現在F1が開催されて
いるサーキットのなかでは一番
景色のいいサーキットだと思い
ます。レイアウト的にもバランス
よいと思いますし・・・。
カナダと言えばセーフティーカー
なんですが、今回は一度も出動が
ありませんでした。接触自体は
随所で見られましたけどね。
レースはマクラーレンが前戦に続
いて1・2。ストレートスピード
以外ではレッドブルの方が有利
だと思うのですが、チームの戦略
面ではマクラーレンに分がある
感じです。フェラーリがイマイチ
な中、2強の争いが暫く続きそう
ですね。

リザルト

1.L・ハミルトン
(ボーダフォン・マクラーレン・メルセデス)
2.J・バトン
(ボーダフォン・マクラーレン・メルセデス)
3.F・アロンソ
(スクーデリア・フェラーリ・サンタンデール)
4.S・ベッテル
(レッドブル・レーシング)
5.M・ウェバー
(レッドブル・レーシング)
6.N・ロズベルグ
(メルセデスGP・ペトロナス・F1チーム)
7.R・クビサ
(ルノーF1チーム)
8.S・ブエミ
(スクーデリア・トロ・ロッソ)
9.V・リウッツイ
(フォースインディア・F1チーム)
10.A・スーティル
(フォースインディア・F1チーム)

|

« レストア(その2) | トップページ | 救援物資到着 »

モータースポーツ」カテゴリの記事

コメント

最近やっとストレートスピードの効果有るFダクトの理屈がざっくりわかりました。しかし車体後方で剥離する気流を下に向けても、結局ウイング前面や本体に空気が当たり、車体を下に押さえつけてダウンフォースを生むことには変わりないような気がするのですが。。。?そうじゃないんでしょうねー。

昨年来のダブルディフューザーといい、今のF1は空力が一番大きい位置を占めてますね。

ホントはエンジン開発自由にできて、昔のマクラーレンホンダみたいに空力駄目だけどパワーで物言いますよとか、パワー無いけど空力命のレイトンハウス(今のレッドブル作った禿げたおっちゃん作)やコルセアウイングティレルとかが戦う図が面白いんですが。

今は結局良い空力解決策出したチームが先攻し、それを臆面もなく各チーム真似して、最終的には金と開発力続くチームが勝ち残る構図。これでは金がないチームは結局はい上がれませんよ。

近く共通エンジンとか言ってますがそうなると下位フォーミュラーと変わりないし、なんとか成っていって欲しいものです。どの時代でもレーサーの資質の楽しみは有りますが、マシン側にもどれも同じ方向性でなくとんでもなく違う方向性だけど速さは拮抗しているというのがF1の魅力と思うんですがねー。

ながなが済みませんです。。

投稿: ししふう | 2010年6月15日 (火) 15時04分

ししふうさま
私はイマイチFダクトの構造が理解出来てないです。(苦笑)
正直エンジンの開発凍結によって弱小チームがどの程度恩恵を受け
ているのか疑問です。やはり胴元のボスへ入ってくる収入を減らし
て年間開催数を16戦にした方がコスト削減効果は高いのでは?
あと2カー体制とかチーム数を制限せずにもう少しオープンに参戦
出来るようにすればF1全体が盛り上がるし潤うようになるのでは
ないかと。持参金のない潜在能力をもった若手とかにも期待出来
そうですし。タイヤもやりところ全部が参入してチーム側が使用
するメーカーを選ぶのが本来の形だと思います。
「差がつくから規制して統一する」のではなく、
「規制はそこそこに全体のレベルを上げられる」ような
レギュレーションを作って行くのが理想ではないでしょうか。
そういう流れの中で消えていくチームや新たなチームが生まれて
来るのは仕方のないことだと思います。
余談ですが私は「究極の見かけだけエアロダイナミクスマシン」で
あるF92Aが大好きです。アレを超えるマシンはないですね♪

投稿: 牛乳 | 2010年6月16日 (水) 00時30分

ダブルデッカーですねー。アレジが困ってた奴ですかねー(笑)。シーズン前出てきた時、どうなってるの?と思いましたが、フェラーリはこの時期迷ってましたね。辛い時期だったかと。

私はその頃で言えばレイトンのCG901。フランスGPで最後にカペリがプロストに抜かれちゃう奴。シンプルだけど直線番長。あのころ強いフェラーリ、ウイリアムズ、マクラーレンとか以外でも知恵を絞ったマシンがこの1戦だけにかける!ってのがあって面白かったです。だってこのマシン次戦では予選落ちだったんじゃなかったかな。

今でしたら本当は今年の新参チームがこのレースだけはQ3まで残って、最初数周だけでも前の方走るとか有ればいいのですが、絶対に無理なんでしょうね。

投稿: ししふう | 2010年6月16日 (水) 09時55分

ししふうさま
80年代終盤から90年代序盤はエアロダイナミクスの解釈が
各チームごとに独特で面白かったですよね。F92Aに関しては
スタイル的にはカッコイイと言うか美しいんですけど、走りは
どうしもなかったので印象に残ってます。CG901はその点、
ポールリカールでの「見せ場」があったので報われてますね(笑)
あの頃のクルマだとロータスの107とかフォンドメタルGR02
とかフォットワークFA14辺りが好みですねぇ。107以外は
ダメな子ですが・・・(苦笑)

投稿: 牛乳 | 2010年6月16日 (水) 23時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1154368/35262844

この記事へのトラックバック一覧です: F1カナダGP 2010:

« レストア(その2) | トップページ | 救援物資到着 »