« SUPER GT 第2戦「OKAYAMA GT300Km」 | トップページ | WRC第3戦 ヨルダン・ラリー 2010 »

F1マレーシアGP 2010

正に「3度目の正直」・・・。
ようやくベッテルが今季初優勝。
高温多湿の環境で、ここまでの
サーキットのなかで一番クルマに
悪そうな条件ですが、何とどこも
壊れることなく快調に走っていた
ベッテルのRB6。逆に信頼性が
高そうに見えていたフェラーリの
アロンソがレース最終盤にまさか
のトラブル、リタイア。天候の
読み違いで予選からバタバタした
マクラーレンとフェラーリ。昨年
までのように給油があれば戦略
次第で一気に上位進出も狙えたの
かもしれませんが、タイヤ交換
だけの現行レギュレーションだと
これだけのチームでもあの位置
まで浮上するのが精一杯という事
なんですね。

リザルト

1.S・ベッテル
(レッドブル・レーシング)
2.M・ウェバー
(レッドブル・レーシング)
3.N・ロズベルグ
(メルセデスGP・ペトロナス・F1チーム)
4.R・クビサ
(ルノーF1チーム)
5.A・スーティル
(フォースインディア・F1チーム)
6.L・ハミルトン
(ボーダフォン・マクラーレン・メルセデス)
7.F・マッサ
(スクーデリア・フェラーリ・サンタンデール)
8.J・バトン
(ボーダフォン・マクラーレン・メルセデス)
9.H・アルグエルスアリ
(スクーデリア・トロ・ロッソ)
10.N・ヒュルケンベルグ
(AT&Tウィリアムズ)

|

« SUPER GT 第2戦「OKAYAMA GT300Km」 | トップページ | WRC第3戦 ヨルダン・ラリー 2010 »

モータースポーツ」カテゴリの記事

コメント

ザウバー勢といいフェラーリエンジン心配ですねー。

ベッテル来ちゃいましたねーついに。。しばらくはこのままか。マシン開発がそれほどドラスティックに進まない昨今。一気に行ってしまうんじゃー(汗)。彼に対抗出来るのはアロンソかなー。マッサも良いんですが、まだ昨年度までのキレが見えないような。

新チーム勢、何週遅れになってるんでしょう。。。。やはりGT300ですねー。

投稿: ししふう | 2010年4月 5日 (月) 11時13分

ししふうさま

果たしてここから連勝街道がスタートするのでしょうか。
ハミルトンは相変わらず好不調の波が激しいので、
やはりベッテル・アロンソが本命でマッサ・バトンが対抗
ってところですかね。

新チーム勢に関しては「何周遅れになるか」よりも
「何戦目まで出走出来るのか」が心配だったります。
ロータスには頑張って欲しいんですけど・・・。

投稿: 牛乳 | 2010年4月 5日 (月) 23時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1154368/34082212

この記事へのトラックバック一覧です: F1マレーシアGP 2010:

« SUPER GT 第2戦「OKAYAMA GT300Km」 | トップページ | WRC第3戦 ヨルダン・ラリー 2010 »