« 冬眠から復活 | トップページ | 途中経過3.5 »

F1バーレーンGP 2010

新シーズンが開幕していろいろと
話題も多いのですが肝心のレース
展開に関しては正直見所があまり
なかったような気がします。
チャンピオン経験者が4人同時に
走るのは近年では稀なケースと
いえるのでトップチームは上位で
争って、中堅・新興チームは入賞
圏内で争いつつ、ときには上位を
脅かすようなレースをして欲しい
と思います。

リザルト

1.F・アロンソ
(スクーデリア・フェラーリ・サンタンデール)
2.F・マッサ
(スクーデリア・フェラーリ・サンタンデール)
3.L・ハミルトン
(ボーダフォン・マクラーレン・メルセデス)
4.S・ベッテル
(レッドブル・レーシング)
5.N・ロズベルグ
(メルセデスGP・ペトロナス・F1チーム)
6.M・シューマッハー
(メルセデスGP・ペトロナス・F1チーム)
7.J・バトン
(ボーダフォン・マクラーレン・メルセデス)
8.M・ウェバー
(レッドブル・レーシング)
9.V・リウッツイ
(フォースインディア・F1チーム)
10.R・バリチェロ
(AT&Tウィリアムズ)

|

« 冬眠から復活 | トップページ | 途中経過3.5 »

モータースポーツ」カテゴリの記事

コメント

見事にスタート前の大方の予想通りでしたね。

バトン、シューミはどうもやはりチーム内バトルで厳しいようで。
ベッテルはこういう取りこぼしが痛いですね。どうも混戦のようなので終盤微妙に効いてきそうで。

ザウバーはやはり完成度がワークスでない雰囲気。新参チームはどうもGT300的(笑)。

給油無しの久々レース、追い抜きが少なかったですが今後タイヤがきつくなる(今回も暑かったのかな?)夏場にタイヤマネージメントが得意なチーム、ドライバーが旨くいきそうですね。


投稿: ししふう | 2010年3月15日 (月) 14時10分

ししふう さま

給油なし・タイヤワンメイクだと戦略の自由度が
低いのでどうも面白みがないですね。これが
2つのタイヤメーカーで争っているような状況
だともう少し面白くなると思うのですが。

フェラーリが一番チームプレイを上手くやって
いるのに対して、マクラーレンとメルセデスは
チーム内での主導権を争っているような・・・。

まぁ最終的にはそれぞれハミルトンとシューミが
王様になると予想しますが(笑)

新チームの図式としては・・・
ロータス=GT300
ヴァージン=GT300
HRT F1=S耐
ぐらいに戦力差がありそうですが、どうですか?

投稿: 牛乳 | 2010年3月16日 (火) 00時39分

ハミルトンはバトンに勝つでしょうが、シューミはどうでしょー、ロズベルグもここで負けると、もう頂上への道は閉ざされそうですし、必死でしょう。

新規チームはやはりひどいですねー。でもスーパーアグリはもっと遅かったし(笑)。こうなればあまりのひどさにスポンサー逃げだし途中撤退、エクレストンがこりゃマズイと、ステファンに許可をとか(笑)。

投稿: ししふう | 2010年3月16日 (火) 10時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1154368/33776055

この記事へのトラックバック一覧です: F1バーレーンGP 2010:

« 冬眠から復活 | トップページ | 途中経過3.5 »