« ヤマハモーターサイクルレーシングヒストリー 後期 | トップページ | YZR250(0W82)1986 »

F1第9戦 ドイツGP

「新たなトップ2」によるレース展開。
やはり貯金を使い果たした感のある
ブラウンGPとまだまだ進化しそうな
レッドブルとでは勢いに差がありまし
たね。次戦で大幅にアップデートする
ブラウンGPが序盤の流れを取り戻す
ことが出来るのか・・・

しかし、もう少し他のチームもヤル気
を見せて欲しいと思うのですが・・・
赤いところも銀色のところも来期の
ことで頭がいっぱいなんでしょうか。

リザルト

1.M・ウェバー  レッドブル・レーシング
2.S・ベッテル  レッドブル・レーシング
3.F・マッサ  スクーデリア・フェラーリ・マールボロ
4.N・ロズベルグ  AT&Tウィリアムズ
5.J・バトン  ブラウンGP フォーミュラワン・チーム
6.R・バリチェロ  ブラウンGP フォーミュラワン・チーム
7.F・アロンソ  INGルノーF1チーム
8.H・コバライネン  ボーダフォン・マクラーレン・メルセデス
  

|

« ヤマハモーターサイクルレーシングヒストリー 後期 | トップページ | YZR250(0W82)1986 »

モータースポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1154368/30534889

この記事へのトラックバック一覧です: F1第9戦 ドイツGP:

« ヤマハモーターサイクルレーシングヒストリー 後期 | トップページ | YZR250(0W82)1986 »