« MotoGP 第3戦スペインGP | トップページ | 錆落とし »

SUPER GT第3戦 FUJI GT400kmRACE

当たり前ですがアクシデントやトラブルがなければGT-Rは
やっぱり速い。1号車は当然ですが、そこそこのウエイトを
積んでいる24号車もSCやNSXと互角以上の速さを
見せていたわけですから。3戦が終了してGT-Rがやや
優位、SCもなんとかチャンスはありそうかな?といった状況
ではないかと思います。NSXに関しては正直よくわかりませ
ん。今回も8号車は予選から速かったし(決勝は1周目の
アクシデントがなかったら更に上に来ていたかもしれません)
序盤100号車もいいペースで走っていました。32号車
はあまり目立ちませんでしたが、ポイント圏内でフィニッシュ
・・・逆に17・18号車はほとんど映像に写ることもなく、
下位に沈んでしまいました。セパンは比較的相性が良さ
そうですが、今シーズンはあまり期待できそうにないです。

GT300クラスはガライヤ今季初勝利。今年こそ悲願の
タイトル獲得なるか。直接のライバルは7号車・19号車
46号車辺りになりそうです。伏兵は81号車・26号車
といったところでしょうか。全戦出走出来ない33号車が
ポテンシャルありそうなだけに残念。

GT500クラス

1.  1 MOTUL AUTECH GT-R
2. 36 PETRONAS TOM’S SC430
3.  8 ARTA NSX
4. 24 HIS ADVAN KONDO GT-R
5. 35 KRAFT SC430
6.  6 ENEOS SC430
7.  3 HASEMI TOMICA EBBRO GT-R
8. 32 EPSON NSX
9. 38 ZENT CERUMO SC430
10.39 DUNLOP SARD SC430

GT300クラス

1. 43 ARTA Garaiya
2. 81 ダイシン アドバン Ferrari
3.  7 M7 MUTIARA MOTORS雨宮SGC 7
4. 26 UP START タイサンポルシェ
5. 19 ウェッズスポーツIS350
6. 46 エスロード MOLA Z
7. 31 avex apr COROLLA Axio
8. 74 COROLLA Axio apr GT
9.  2 プリヴェ アップル 紫電
10. 5 マッハGOGOGO車検320Rマッハ号

|

« MotoGP 第3戦スペインGP | トップページ | 錆落とし »

モータースポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1154368/29458668

この記事へのトラックバック一覧です: SUPER GT第3戦 FUJI GT400kmRACE:

« MotoGP 第3戦スペインGP | トップページ | 錆落とし »