« サービスエリアにて | トップページ | F1第3戦 中国GP »

SUPER GT第2戦 KEIHIN SUZUKA 2&4 RACE

予選結果を見て、恐らく#1のGT-Rの独壇場になるだろう
と思っておりました。実際トラブルがなければ楽なレース運びに
なっていただろうと思います。SCとNSXはGT-R勢に何かが
あった時に確実に上位を狙ってポイントを稼ぐというスタンスを
取るしかなさそうですね。今シーズンは有効ポイント制もない
ので上手くやれば1勝もしないでチャンピオンという可能性も
あるので。

GT300は#33が優勝。HANKOOKはこれが初優勝とは
意外でした。2、3勝してるイメージがあるんですけどね。300
クラスはFIA-GT仕様の車がなかなか好調なのでフェラーリの
優勝とかも今後ありそうですね。

GT500クラス

1.  38 ZENT CERUMO SC430
2.  36 PETRONAS TOM’S SC430
3.  12 IMPUL カルソニック GT-R
4.    6 ENEOS SC430
5.  18 ROCKSTAR 童夢 NSX
6.  17 KEIHIN NSX
7.  35 KRAFT SC430
8.  24 HIS ADVAN KONDO GT-R
9.  32 EPSON NSX
10. 39 DUNLOP SARD SC430

GT300クラス

1.  33 HANKOOK PORSCHE
2.   7 M7 MUTIARA MOTORS雨宮SGC 7
3.  46 エスロード MOLA Z
4.  11 JIMGAINER ADVAN F430
5.  43 ARTA Garaiya
6.  81 ダイシン アドバン Ferrari
7.   2 プリヴェ アップル 紫電
8.  19 ウェッズスポーツIS350
9.  74 COROLLA Axio apr GT
10. 26 UP START タイサンポルシェ
 

|

« サービスエリアにて | トップページ | F1第3戦 中国GP »

モータースポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1154368/29236907

この記事へのトラックバック一覧です: SUPER GT第2戦 KEIHIN SUZUKA 2&4 RACE:

« サービスエリアにて | トップページ | F1第3戦 中国GP »