« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

BMW S1000RR

雑誌等でロードバージョンの画像が少しずつ載るようになって
きたので期待していたのですが、残念?ながら展示されていた
のはSBK仕様のテスト車のみでした。

Img_1085 見たところレーサーとして新しいものは無さ
そうです。じっくり眺めたわけではないのです
がフロントとリアのディスクローターがABS
仕様っぽく内側にスリットが刻まれたタイプ
でした。

Img_1086 サイドビューはこんな感じ。シートカウルが
先代のCBRによく似てますね。最近流行
りの切詰め絶壁ではなく、ちゃんとタンデム
出来そうな形状なのがBMWらしいです。

Img_1087 フロントマスク。ロードバージョンの正面から
見たデザインが気になるところです。
エアインテークが大きくて空気以外にも
昆虫とか取り込んでしまいそうです(笑)

Img_1088 ライトの配置とかマフラー形状がどんな感じ
になるのか楽しみです。日本導入はどうも
2010年からになるようですが、価格帯が
いくらぐらいになるのか興味ありますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モーターサイクルショー

今年も行ってきました。こういうご時世なんでやはり規模が小さく
なっているところが多かったです。特に国内4メーカーは例年より
地味な感じでした。

取りあえず気になったモノを何回かに分けて紹介してみようと
思います。

Img_1161 当然最初はコレでしょう♪個人的に一番
実車を見てみたかったアプのRSV4です。
かなりの注目度でした。側に展示して
あったRSV1000Rよりもコンパクトでした。

Img_1079 エンジン周辺。よく見ると確かにエンジンの
搭載位置が可変式になっているのが
わかります。レースに使う方以外はまず
使うことのない機能でしょうけど。

Img_1081 ハンドル周り。メーター類は特に新しさは
無さそうです。ハンドル左側にマップモード
を変更するスイッチがあります。画像で気
づきましたがクラッチはワイア式のようです。

Img_1072 全体のシルエット。諸事情でこうなってしま
うのでしょうけどマフラーのデザインが・・・。
シートカウルの形状がスゴイです。価格未
定2009年後半発売予定とのことでした。

もう1台実車を見てみたかったSHIVER GTが見られなかった
のが残念でした。
もしかしたら気が付かなかっただけかもしれません(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SUPER GT 第1戦 OKAYAMA GT 300km RACE

事前のテストではGT-R勢が好調だったし、今年も「GT-R
CUP」になるのかなと思ってましたが、予選でのイエローフラッグ
でアタックのタイミングを逃したり、決勝では天候とトヨタ(レクサ
ス)上位組のタイヤチョイス失敗で不調だったNSX勢が全車
ポイントを獲得。意外な結果になりました。日産ファンの方
には残念な結果だと思いますが、まぁこのぐらいのハンデがあって
も大丈夫なのではないでしょうか。トヨタ(レクサス)ファンの方、
昨年の最終戦からどうもタイヤチョイスで悪い流れが続いてます
ね。ホンダファンの方、次戦以降はまた苦戦しそうですね。鈴鹿
がドライならばもう少し勢力図が明確になると思います。
GT300は予選ではフェラーリの走りが光りましたが、決勝は
概ね予想どおりの結果に。ガライヤは速いのにツキがなかった
なぁ。

GT500クラス

1. 24 HIS ADVAN KONDO GT-R
2. 18 ROCKSTAR 童夢 NSX
3. 8 ARTA NSX
4. 12 IMPUL カルソニック GT-R
5. 17 KEIHIN NSX
6. 38 ZENT CERUMO SC430
7. 32 EPSON NSX
8. 100 RAYBRIG NSX
9. 35 KRAFT SC430
10. 6 ENEOS SC430

GT300クラス

1. 19 ウェッズスポーツIS350
2. 43 ARTA Garaiya
3. 7 M7 MUTIARA MOTORS雨宮SGC 7
4. 11 JIMGAINER ADVAN F430
5. 74 COROLLA Axio apr GT
6. 2 プリヴェ アップル 紫電
7. 46 エスロード MOLA Z
8. 30 RECKLESS KUMHO IS350
9. 31 avex apr COROLLA Axio
10. 26 UP START タイサンポルシェ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ようやく・・・

新車で乗り始めて、●年・・・。遂に走行距離が1万キロに
到達しました。

Mille010 今はノーマルマフラーですが、途中スリップ
オンを2社使ってみたりしました。(アロー・
AKRAPOVIC)音量は当然アレでした
が中速域のトルクが増すのでお薦めです。

Mille011 到達する瞬間を撮影したかったのですが、
無理でした。これまで大きなトラブルは
スターターケーブルがダメになったぐらいで、
イタ車にしては信頼性高いかも。

個人的な意見ですが、アプリリアのバイクはドカのような洗練
された魅力はないかもしれませんが、乗りやすいバイクだと思い
ます。

同じバイクをあまり見たくない方やあえて少数派を選択されたい
方などには特におすすめです(笑)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

WRC第3戦キプロス

ローブ開幕3連勝、通算50勝達成。
今回も全く危なげない走りでしたね。何だか早くもタイトル争い
というよりも「誰がいつ連勝を止められるか」のみが注目になり
そうです。強すぎますね。

今回、注目といえばソルベルグ(ペター)の3位表彰台でしょう。
何しろクサラですからね。次のポルトガルにも出場できるよう
ですが、C4乗せたら勝っちゃうんじゃあないでしょうか。1年オチ
のフォーカスでも面白そうですけど。

リザルト

1.S・ローブ(Citroen Total WRT)
2.M・ヒルボネン(BP Ford Abu Dahbi)
3.P・ソルベルグ(PS WRT)
4.D・ソルド(Citroen Total WRT)
5.M・ウィルソン(Stobart VK Ford)
6.C・ローテンバッハ(Citroen Junior Team)
7.F・ヴィラグラ(Munchi's Ford )
8.K・アルカシミ(BP Ford Abu Dahbi)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

またしても海へ

前回ミレを動かしたときの行き先はまた伊豆でした。
別に海が好きなのではなく、この時期だと山はまだ寒そうな
ので。子供の頃親に連れて行ってもらったことがあり、今は
どうなっているのだろうか?と思い、向かってみることに・・・。

Img_0976 伊豆、爪木崎海岸です。到着したのは
夕方でしたが、記憶の中にある風景と全く
変わっておらず感動しました。12月~2月
頃はスイセンが咲き乱れる岬です。

Img_0978 入り江になっているので、波は穏やかで
す。取りあえずミレと記念撮影を敢行。
遅かったので誰もおりません。ほぼ貸切
状態です。贅沢ですね。寒いけど(笑)

Img_1002 せっかくなので遊歩道をひとまわりして帰る
ことにしました。綺麗に整備されているので
歩きやすいです。それにしても本当に変わ
ってないなぁ・・・。

Img_1010 灯台の下までやって来ました。子供の頃は
海水浴に連れてきてもらっていたので多分
灯台の真下まで来たのは初めてだったかも
しれません。タイルで出来てるんですね。

Img_1035 スイセンが少しだけ咲いておりました。
シーズン中に来ると絶景なんだと思い
ます。またいつか行ってみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SBKロサイル リザルト

Race1

1.B・SPIES  Yamaha WSB
2.N・HAGA  Ducati Xerox Team
3.M・BIAGGI  Aprilia Racing
4.S・NAKANO  Aprilia Racing
5.C・CHECA  HANNspree Ten Kate Honda
6.S・BYRNE  Sterilgarda
7.T・SYKES  Yamaha WSB
8.R・KIYONARI  Ten Kate Honda Racing
9.T・CORSER  BMW Motorrad Motorsport
10.R・LACONI  DFX Corse
11.L・HASLAM  Stiggy Racing Honda
12.J・REA  HANNspree Ten Kate Honda
13.R・XAUS  BMW Motorrad Motorsport
14.B・PARKES  Kawasaki World Superbike
15.T・HILL  HANNspree Ten Kate Althea 

Race2

1.B・SPIES  Yamaha WSB
2.N・HAGA  Ducati Xerox Team
3.M・BIAGGI  Aprilia Racing
4.R・KIYONARI  Ten Kate Honda Racing
5.T・SYKES  Yamaha WSB
6.M・NEUKIRCHNER  Suzuki Alstare BRUX
7.S・NAKANO  Aprilia Racing
8.J・REA  HANNspree Ten Kate Honda
9.T・CORSER  BMW Motorrad Motorsport
10.R・XAUS  BMW Motorrad Motorsport
11.L・HASLAM  Stiggy Racing Honda
12.S・BYRNE  Sterilgarda
13.C・CHECA  HANNspree Ten Kate Honda
14.R・LACONI  DFX Corse
15.Y・KAGAYAMA  Suzuki Alstare BRUX

RSV4、2レース共にTOP10フィニッシュ!!
ビアッジ2レース共に3位表彰台!!
  





     
      

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最強の上がりバイク

前回は出かける時間が遅かったので適当に西を目指すことに
なりましたが、今回は目的地を設定して早めに出発しました。
途中、某PAで小休止していると都心方面からいらしたハーレー
のご年配の方に声をかけて頂きました。

Mille009 後ろにちょっと写っているハーレーがその方
の愛車です。詳しくないのですが、多分
ツーリングファミリーのストリートグライドか
と。2005年式のキャブ仕様とのことでした。

「アプリリアなんて珍しいねぇ」と声をかけて頂いたのですが、
まさかアプをご存知とは(笑)瞬時にタダモノではないなと
思いました♪

話をしていると、その昔ドカを所有されていらっしゃったそうです。
なるほどエンスーな方でしたか(笑)結局、延々とバイク談議に
花が咲き2時間ぐらい話していたかもしれません。

その方のストリートグライドは細かな箇所がいろいろとモディファイ
されていてとてもカッコよかったです。「ハーレーは手を付け始める
とお金がかかるよ~」とおっしゃっておりましたが(笑)ちゃんとした
写真を撮らせて貰えばよかったです。

似合う方が乗るとハーレーは本当にカッコイイです。私もあんな
感じに歳を取れればいいなと思いました。

今回の目的地の話はまたの機会に・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

待望の国内仕様

http://www.yamaha-motor.co.jp/news/2009/03/10/vmax.html

遂に国内仕様が発表されましたね。待ち望んでいた方多かった
のではないでしょうか。スペックを見る限りではなかなかパワフル
ですね。お値段もいい感じですが(笑)

販売計画は国内で800台ですか・・・強気な計画とは思います
がVMAXって比較対照できるライバルがいないので意外と
すんなり目標達成してしまうかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヘルメットリフレッシュ

私が使用しているヘルメットはアライのRX7-RR4というモデル
です。結構使っており、システムパッドやシステム内装は交換
していますが首筋部分のU字型の部分はリペアパーツとしては
ラインナップされておりません。ダメもとでサポートに問い合わせて
みたところ、「送っていただければ交換可能です」とのお答えが。

Rx7rr4bf パーツの名称はネックサポートというそうで
す。汗で汚れてしまって何度か洗っていま
すがそろそろ限界。色が褪せてきてます。
基本ミレ専用として使ってます。

Rx7rr4af 向きが変わってますが、交換後です。
当たり前ですが、綺麗になってますね(笑)
気分的にもスッキリしました。今後はもっと
丁寧に扱うことに決めました。

一応手順的にはメールで問い合わせ、販売店に預けてメーカー
へ送ってもらい交換するという形になりました。お値段は税込み
で¥3,150でした。期間は大体10日程度のようです。

最近、別のヘルメットメーカーさんにも違う用件で相談させて
頂く機会があったのですが、この業界のサポートの皆様は
親切な方が多い気がします。どうもありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

KSRマニュアルクラッチ化 2.01

マニュアルクラッチ化の代償というワケではないと思いますが、
シフトペダルがグラグラするようになってしまい一度は脱落する
というトラブルが発生しているので何か対策をと思い、いろいろと
調べてみたところキタコからパーツが出ているので試しに交換して
みることにしました。

Ksr009 「アルミチェンジペダル」というパーツです。
ノーマルのものより当然軽く作りもかなり
しっかりとしている感じがします。寸法的
にはノーマルと同様で105㎜です。

Ksr010 取り付けるとこんな具合になります。靴
によってはオールアルミ製なのでペダル
ガードがあった方がいいかもしれません。
ノーマルステップも何とかしたくなりました。

インプレッションとしてはガタつきがなくなりしっかりとしたシフト
フィールになり大成功です。正直あまり期待はしてなかった
ので。因みにこのパーツはフレームナンバーによって2種類
あるので注意が必要です。同じ症状が発生している方、
試してみる価値はありますよ。

締め付けボルトの角度がちょっと気になるので、暫くは緩み
に気をつけないと(笑)大丈夫だとは思いますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

KSRマニュアルクラッチ化 2

シフトペダル脱落のアクシデント以外は概ね問題なし。やはり
変速ショックがなくなりスムーズになったので走りやすいです。
何よりもスロットルを煽ることが出来るようになったのは嬉しい
です。(笑)

Img_0895 レバー周辺はこんな具合です。やや深め
に握らないとクラッチが切れないのですが、
クラッチワイヤーの取り廻しの関係でこれ
以上の調整は難しいみたいです。

Img_0896 本体側はこんな感じ。右側にコケると
思いっきりダメージを受けそうです(苦笑)
キックレバーに犠牲になってもらいますか。
ステップとブレーキペダルもあるし・・・。

私の場合、たまたま在庫処分セールで激安だったという理由
でA-TECH製をチョイスすることになりましたが、(因みに
定価だと武川やキタコとほとんど変わらない価格です。)
これからマニュアルクラッチ化を考えている方にはやっぱり無難
に上記2社製がお薦めだと思います。周辺パーツも充実して
ますからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

納車~

一応最後なんで2台とも購入したRA108。
ダメなクルマでしたが、カラーリングは好きです。
チームの行末が心配ですね。どちらかといと信者
なんでエンジンだけでも残って欲しかった・・・。

Img_0886

| | コメント (0) | トラックバック (0)

KSRマニュアルクラッチ化 1.01

変速ショックもなくなり、比較的スムーズにシフトチェンジが
出来るようになったKSRですが、落とし穴が待ち構えて
おりました・・・。

以前は信号待ちとかであまりニュートラルポジションは
使わなかったのですが(1速に入れる時の変速ショックが
大きくてイヤだったので)マニュアル化してからはそれなりに使う
ようになりました。その日も青になる前に1速へ・・・左折して
シフトアップしようとしたら空振り。
「ん?おかしいなぁ。気を取り直して・・・」また空振り・・・

ここで初めて足元みてみたのですが・・・

「シフトペダルがなくなってるっ!!」

路肩に止めて、冷静に考える・・・
「さっき信号待ちのときは付いてたから・・・交差点かっ!」

ダッシュで探しにいって何とか見つけることができました。シフト
ペダル本体は確保したのですがボルト類は見つからず。
通勤中で時間的な余裕がないので応急処置で再始動・・・

「エンジンがかからねぇ!!」

既にかなりタイムロスしているのでひとまず押して駐輪場へ。
近かったので助かりましたが、結局この日は仕事どころでは
ありませんでした。昼休みに必要になるであろう工具類を調達、
夜中の駐輪場で作業というかなり怪しいシチュエーションでした
が無事作業完了・エンジンも問題なく始動したのでそのまま
帰宅しました。

後日改めてチェックしたのですが、取りあえず再び脱落する
心配は今のところなさそうですが、ペダルがグラグラしているので
近々何らかの対策をしないと。

ボルト類のチェックはこまめにしましょう♪締め過ぎはダメですが。

Img_0891

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SBKフィリップアイランド リザルト

Race1

1.N・HAGA  Ducati Xerox Team
2.M・NEUKIRCHNER  Suzuki Alstare BRUX
3.Y・KAGAYAMA  Suzuki Alstare BRUX
4.M・FABRIZIO  Ducati Xerox Team
5.J・REA  HANNspree Ten Kate Honda
6.L・HASLAM  Stiggy Racing Honda
7.R・LACONI  DFX Corse
8.T・CORSER  BMW Motorrad Motorsport
9.J・SMRZ  Guandalini Racing
10.T・SYKES  Yamaha WSB
11.M・BIAGGI  Aprilia Racing
12.C・CHECA  HANNspree Ten Kate Honda
13.R・ROLFO  Stiggy Racing Honda
14.T・HILL  HANNspree Ten Kate Honda Althea
15.S・NAKANO  Aprilia Racing

Race2

1.B・SPIES  Yamaha WSB
2.N・HAGA  Ducati Xerox Team
3.L・HASLAM  Stiggy Racing Honda
4.R・LACONI  DFX Corse
5.M・FABRIZIO  Ducati Xerox Team
6.M・NEUKIRCHNER  Suzuki Alstare BRUX
7.J・SMRZ  Guandalini Racing
8.Y・KAGAYAMA  Suzuki Alstare BRUX
9.J・REA  HANNspree Ten Kate Honda
10.T・SYKES  Yamaha WSB
11.R・XAUS  BMW Motorrad Motorsport

12.S・NAKANO  Aprilia Racing
13.C・CHECA  HANNspree Ten Kate Honda
14.T・HILL  HANNspree Ten Kate Honda Althea
15.M・BIAGGI  Aprilia Racing

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SBKフィリップアイランド

個人的に一番期待しているカテゴリーです。少なくともmoto
GPより確実に面白いです。

今年からは我らがアプリリアが復活し、BMWも参戦。日本人
も多いのでもっと話題になってもいい気がするのですが・・・

レース1はダイジェストしか見られず、レース2はほぼ全部見られ
たのですが、RSV4がまさかここまで走るとは思っておりません
でした。

最終的なリザルトでは両レース共たいしたことありませんが
レース2ではビアッジが終盤までトップ争いに絡む大健闘を
みせ、中野選手もポイント獲ったし個人的には大満足です。
今シーズンは是非タイトルを獲得して欲しい芳賀選手も1位&
2位で順調。昨年は不振だった加賀山選手も3位&8位で
今年は大丈夫そうです。一方、清成選手と玉田選手は厳しい
スタートになってしまいました。ホンダとカワサキはまだマシンが
仕上がって無さそうだなという印象です。

新規参入のBMWに関しては映像があまりなかったので正直
まだよくわかりませんが、コーサーがレース1で8位、チャウスが
レース2で11位とこちらもポイント獲得してます。またコーサーは
レース1でファステストを出してました。開発は順調みたいです。

リザルトはまた別の機会にでもアップするかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »